2020年05月25日

【PS4】ファイナルファンタジー10 HDリマスター トロフィコンプ

FINAL FANTASY X_X-2 HD Remaster_20200525191917.jpg

超ひっさびさにFF10クリアした。
トロコンもした。

歴代FFナンバリングタイトルの中で、
私が一番好きなのがこの10です。

何よりストーリーがいいよね。
不器用な父親とその息子の物語、
よくある話、設定ではあるけど、見せ方が上手いなーと思って。
この先どうなるんだろう、気になるってずっと思わせながら
ちょっとずつ真実をばら撒いて行って、最後にきれいに収束させる、
これはFF8のスコール編とラグナ編の絡ませ方に似た上手さを感じました。

終盤ザナルカンド遺跡に到達して、
「いつか終わる夢」の曲のままボロボロの遺跡の中を進んでいくっていう
あの演出が最高に好き。

主人公二人も、自分としては感情移入できる
可愛いカップルでしたし。そこがまた良かったのかな。
「世界一ピュアなキス」って
当時のコピーはイマイチな気もしますが。

ゲームしても映画にしてもドラマにしても、
評価の良し悪しを決めるのはまず
主人公とそれに連なる人が好きになれるかどうかですよね。
これはもう、個人的な印象になりますけど
FF8はねぇ、主人公カップル苦手なんですよね。
だから、作品としても正直印象に残ってない。
FF12も、キツいアーシェが好きじゃないって人は多いし、
オイヨイヨが気になる人もいるしw
だからなおさら評価がちょっと低いのかなとも思うし……

FF13以降によく表れる、
萌えキャラ系の女子キャラは私は受け付けませんし。
あと、腐女子受けを狙った感じのホスト系美男子も最近ダメです。
元腐女子なんですけどね(;´Д`)
洋ゲーのゴリラみたいな人物像に見慣れてしまったからかも知れんw
そういうのがいなかったFF10は、
プレイしていて、ムムッと感じる場面がほぼほぼ無かったですから。

FINAL FANTASY X_X-2 HD Remaster_20200516142043.jpg

ゲームとしても、バランスが優秀かと思います。
こちらの成長度合いと、モンスターの強くなる具合が
ちょうどかみ合っていて、適度な難易度でストレスなく遊べた感じ。
スフィア盤の育成も普通のレベル上げと違って面白いし、
やり込みとして限界以上の育成もできる。
上級者用スフィア盤選べば、
本来のキャラの役割とは全く違う育成もできる楽しさもありますね。

FF13のクリスタリウムがこれに似てるけど、
あっちはカスタマイズ要素皆無で、ルートも完全に一本道だし。
FF12のライセンスシステムは全く個性が無くて、
あれなら普通のレベルアップシステムでも
全然良かったんじゃない?って感じだったので。


スフィア盤絡みのトロフィが2つありますが、
これはかなり大変でした。

スフィアマスター(一人のキャラでスフィア盤全マス発動)
パーフェクトスフィアマスター(全員でスフィア盤全マス発動)

全マスってのは、「なにもありません」なマスにも
成長スフィアをはめて発動させるってことで、
これが結構大変な作業。

トロフィだけ狙うなら、
一番簡単に集められる素早さ(または魔法防御)スフィアを大量にあつめて
それで空きマス全部埋めるのが早いでしょうね。
隠しボスやるならHPとか運も重要なんですが、
これらのスフィア集めるのは結構骨なので、
主力として使うキャラだけに発動させた方がいいでしょうし、
多くの人は、ルールー、キマリは二軍落ちしてると思いますので( ;∀;)

FINAL FANTASY X_X-2 HD Remaster_20200515204859.jpg

やり込みボスは色々用意されてますが、
まずはモンスター訓練所を攻略すると現れる全てを超えし者
こいつは、10ターンごとに使ってくる世界最期の日を
必ず召喚獣に受けさせる、またはリレイズを切らさないって事を守れば、
あとは地道に削っていくだけ。
強いというより、硬いだけ。
アタックリール使うより地道にみんなで殴った方がいいですね。
ステータスカンストしてるなら、クイックトリックもいらないです。

インター版から用意されたダーク召喚獣は
イクシオン辺りまでは、アタックリール使いまくれば終わりですね。
でも、リールのダメージは半減されてしまうので、
育てたキャラでも、シヴァ以降は油断するとやられる強さ。
アニマやバハムート、
ヨウジンボウのオーバードライブ技は召喚獣に受けさせる。

メーガス3姉妹は、キノコ岩街道の逃走イベントを1段階だけ成功させて、
何とか長女(デブ)だけでも引き離して戦う。
3人いっぺんだと、連続で範囲攻撃が来てかなりキツいです。
デブとノッポのオーバードライブゲージが溜まると
それぞれ範囲攻撃が来るので、二人で連続されると対処できません。
うまくタイミングをずらせればいいんですが。
あと、ユウナに「さきがけ」付きの武器必須です。
これないといきなり全滅します。

そして、
ダーク召喚獣を全て倒すと現れるデア・リヒター。
今作最強の隠しボスですが、もちろん

FINAL FANTASY X_X-2 HD Remaster_20200525190224.jpg
チェーンソー斬魔刀で一発

いや……こういうのを試行錯誤しながら戦うほど
私ももう若くないんですよ……すみません……
HD版は過去作に比べて、斬魔刀でやすくなってるそうです。
仲間にする段階で「真に強い敵を倒すため」にして
好感度をあらかじめ上げておいて、
マスター召喚状態で呼び出し→心づけ900万くらいあげる
これでかなりの確率で発動すると思います。

FINAL FANTASY X_X-2 HD Remaster_20200502215343.jpg

FF10のここがダメって点を言うなら、
ミニゲームですよね、やっぱり。
まー、よくここまでつまらないミニゲームを思いついたなってレベル。
ひょっとして、ミニゲームの類が面白かったので、
FF8のカードゲームまでじゃないか?
それ以降は苦痛なのが多い。

ブリッツボールがちょっと楽しめるくらいで、
後はもう、何と言うか、どれも楽しくないですもんね。
ゲームってのは、本来娯楽だと思うんですけど、
あれらのミニゲームはもはや苦痛でしかないから。
ただ、七曜武器を最強にするには逃れられないんですよね。

過去、オリジナル版ではミニゲームやるのが嫌で完全スルーして、
インター版で初めて全部取ったんですが。
今回も当然トロフィに絡んだミニゲームもあるし、
完全攻略したかったってのもあるんで、再チャレンジしました。
苦痛でした。

〇とれとれチョコボ

 苦痛ミニゲームの再筆頭ですね、これ。
 ティーダの七曜に絡んでいるんですが、諦めた人も多いと思う。
 これの何がクソって、攻略に、テクニック云々じゃなく運が絡むことです。
 風船の配置とカモメの飛び方がダメだと、
 どんなに頑張ってもクリアは無理です。

FINAL FANTASY X_X-2 HD Remaster_20200525191428.jpg

 とくに最初の坂にある5つの風船。
 ここで、半分以上の風船が左側に寄っている場合は
 もうそれだけで攻略不能に近いです。
 で、ダメだとわかっているのに、リトライもできない
 (やり直すには最後まで行くしかない)
 これがまたストレスたまりますよね。

 攻略法ったって、ハッキリ言えるのは無いですからね。
 最初の坂では、右側寄りに風船が配置されている状況で、4つ(少なくとも3)
 風船を取ったら、次の広い直線では右寄りに走る、
 カーブ後の細い直線ではカモメに当たらない事を祈る(;´Д`)

 13個取ってカモメに一度も当たらないか、
 14個取ってカモメに一度だけ当たるか

 前者を満たしても、ゴールが遅いとこういう
FINAL FANTASY X_X-2 HD Remaster_20200420211411.jpg
 心を折るようなタイムが出てしまうので;
 これはせめて風船一つ分は簡単にしても良かったんじゃないのって気がします。


〇雷避け

FINAL FANTASY X_X-2 HD Remaster_20200525191546.jpg

 苦痛ミニゲームその2。
 ただこれは、集中力と持久力があれば頑張れるので、
 個人的にはとれとれチョコボほどの鬼畜さは感じなかったです。

 グアドサラムから出てすぐのところにある避雷塔の
 手前のクレーターをタイミング合わせに使うのがセオリー。
 クレーターの側にいると立ち止まって約1秒で雷が落ちるので、
 ジャンプで避ける→クレーターの側に行く→また避ける
 を繰り返す感じで、
 コツとしては、必ず同じ場所に戻るようにするって事ですね。
 右側のクレーター下弦の、真ん中あたり。
 ここから左右にズレてしまうと、雷が落ちてくるタイミングが
 ほんのちょっとだけ変わってしまって、それで失敗したりする。

 数はあまり数えないほうがいいんじゃないですかねー
 かえって緊張しますし。
 終わり時わからなくなるのはキツいけど、
 30分避けていられたらクリアできてんじゃないかな?


〇蝶探し

FINAL FANTASY X_X-2 HD Remaster_20200525191457.jpg

 苦痛ミニゲームその3
 2マップ分クリアしなきゃいけない上に、
 目視できない蝶を避けなきゃいけない理不尽さで
 ストレスマックスになる事必至のミニゲーム。

 でもこれ、HD版で簡単になってる気がします。
 赤い蝶に当たると強制戦闘(=タイムロス)となりますが、
 1度であれば当たっても間に合います。
 もちろん、それまでの間に最速で走ってることが条件ですが。
 PS2のインター版はもっとシビアで、一度も当たれなかったはず。
 当時はとれとれチョコボ以上にキツかったイメージあります。

 とにかく、ルートの中で内側を走るか外側を走るかを覚えるのが重要。
 赤い蝶が密集している難ポイントが二つのマップそれぞれにありますが、
 前述のようにここで一度当たっても間に合います。
 そこに至るまでの道を完璧にこなせば何とかなるはず。
 中央部マップの蝶探しは、ゴールのすぐ手前に青い蝶がいて、
 行き過ぎてエリチェンすると失敗になるので注意です。


〇ブリッツボール

FINAL FANTASY X_X-2 HD Remaster_20200502201039.jpg

 ワッカを育てるには必ず通らなければならないミニゲーム。
 ワッカ(とアタックリール)はやり込み要素にはほぼ必須のメンバーです。
 ストーリー上でルカゴワーズと対戦する時は、基本的に負けイベチックなので
 何か難しそうなイメージを持ってしまいがちなんですが、
 強いメンバーを揃えれば、トーナメントやリーグを勝ち抜くのはたやすい。
 特にアニキ(FW)とロップ(DF/ミヘン街道の道具屋)が強いです。
 あとはネーダー(DF/ナギ平原の道具屋)とか、
 キョウ(KP/ジョゼ寺院への道にいる)とかですかね。
 ワッカはぶっちゃけ足手まといです。

 ティーダにジェクトシュートを覚えさせて、
 ゲーム開始してこちらボールになったら、
 アニキでプールの外周を走ってゴール方面に向かい、
 ティーダにパスしてジェクトシュートでOK。
 時間が余ったら味方同士でパス回しして経験値稼ぎます。

 こちらと敵のレベルはそれほど大きく開かない仕組みになっていますが、
 少なくともこちらが平均的に少し上回る状態を維持できるので、
 ほぼほぼ負けることはありません。
 あとは試合数をこなすだけ。
 リーグ戦が面倒くさいですけど……
 優勝確実になったらわざと負けるってのもありです。

FINAL FANTASY X_X-2 HD Remaster_20200411223725.jpg

ストーリー、キャラクター、そしてゲーム面
全てにおいて一番バランスが良かった最後のFFかなって思ってます。
これ以降は……まぁ……ねぇ……。

12は、個人的には凄く好きなんですけど、
ストーリーは途中で投げっぱなしジャーマンになってますし。
素材自体は悪くないのに、
ゲームよりムービーを見せられるだけになってしまった13。
そもそも未完成品を発売した15。
技術は上がっても、中身が下がっていってるのが
オンラインを含め全てプレイしてきたシリーズファンとしては
非常に残念な限りですが。

これを超える名作がいつの日か現れてくれることを祈りたいですね。

ちなみに、10-2は完全なる蛇足という感想です。
先を見たい、ハッキリとした答えを知りたいって心理がわからんでもないけど、
「匂わせ」て終わるってのも味だと思うし、
はっきり見せすぎると、逆にハリボテ感が出るというかね。
10のエンディングはその匂わせも含めてキレイにまとまっていたと思うんで、
10-2のハッチャケはちょっと勿体なかったかなって気がしてます。
まぁ、何だかんだ10-2も当時はやり込みましたけどね。
HD版もあるんで、近いうちやると思いますけど……
posted by はとみそ@灰になりまくり at 19:43| FFスクエニ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月12日

【PS4】ファイナルファンタジー7リメイク タイムリーに私的な感想を述べてみる

たまにはタイムリーな記事も書いてみようってわけで

FINAL FANTASY VII REMAKE_20200412213652.jpg
やってみましたファイナルファンタジー7リメイク

オリジナルのFF7はかなりやり込んだクチです。
FF7をやるためにプレステ買いましたし、
ストーリー面もゲームとしての楽しさも完成されていて
今も変わらずPS時代の最高傑作だと思ってますね。
ゴールドソーサーのバスケットで
300回連続ゴールとか懐かしいです。

そして今回のFF7リメイク。
ファンが長い間待望し続けた作品が
満を持していよいよリリースされたわけで、
普段は新作ゲームは積むことの多い私も
珍しく発売直後にプレイしてみてます。

自分のお気に入りはヴィンセントとシドなので、
彼らが登場しない今作は楽しみ半減だったりしますが><
今作はミッドガル脱出までだけど、
オリジナル版でも、そこまでが一番タルかったんですけどね……

FINAL FANTASY VII REMAKE_20200412205841.jpg

クオリティは間違いなくいいと思います。
FF7のファンならまずは買って損はしないかと。
あとは「好き」「嫌い」かの問題。
PS4クラスのゲームなら
もうグラフィックが素晴らしいのは当たり前なんで
そこを「良い」と言うつもりはないですが、
あのカクカクポリゴンの世界に比べればねw
とりあえず、未完成なまま売り出された
FF15みたいな悲劇は起こらないと思います。
ストーリーの本筋は決まってますしね。

FINAL FANTASY VII REMAKE_20200412205454.jpg

操作感もいい感じ。
PS3以降のスクエニのゲームって、
走る動作とかカメラワークがあまりに軽すぎて、
まるで氷の上を滑ってるような感じというんですかね
慣性が付いて非常に取り回ししにくい事が多いんですけど
今作は適度に仕上がってるんじゃないかな。

カメラを引き気味にできるのもありがたい。
ナビマップは、初期状態で表示させておいてよって思ったけど。
L2押せば表示って、どっかに出てましたっけ?
出し方わからんくてネットで調べたわ(;´Д`)

FINAL FANTASY VII REMAKE_20200412150448.jpg

まぁ、動き全般はいいんだけど、
宝箱ととか会話の際の△ボタン
これの感知範囲が狭いのは気になりますね。
△押そうと思ったら、クラウドがくるっと体を回しちゃう事も多いし。


FINAL FANTASY VII REMAKE_20200412213804.jpg

バトルシステムは、
今までの情報を見ててFF15みたいな
あのゴチャゴチャとしたワケわからん感じに
なるんじゃないかと心配してたけど、
一見複雑なようで、慣れればそれほど難しくはない。

アクション性の高いノーマルモードと、
ある程度はオートで動作してくれる
クラシックモードの区別はあるけど、
クラシックモードでもマニュアルで動作はできるので、
私は後者の方を選択しています。
クラシックだとボタン押しゲーなんて評価も見るけど、
そこまで単調でもないかな。
そこそこの爽快感あって楽しいです。

キャラの切り替えはちょっと面倒くさいかな。
操作そのものは単純ですけど
FF10の入れ替えとはちょっと趣が違う。
動いてる最中に操作キャラ切り替えするんですが
キャラごとに攻撃の特性が少し違うので、何か色々戸惑う……
頻繁な切り替えを行うほどの操作分担はされてるのかなぁ。
結局90%以上はクラウド動かすことになりそう。
バトルが終わると自動的に操作キャラがクラウドに戻るけど、
ここを別キャラに固定できればいいんだけどな。

→ゲーム内マニュアル見たところ、
 バトルリーダーとして固定は可能なようです。
 次作以降はヴィンセント固定決定だな(*´з`)


アビリティゲージとか、情報表示もちょっと小さすぎる。
小さい部分に詰め込み過ぎてて、
情報の内容そのものがまず見にくい。
オシャレなのはいいが、もっと横長にすべきだったんじゃ?

ATBが溜まってないとアビリティが使えない設定なのに、
それを知る部分とコマンド表示部分があまりに離れすぎてて、
いちいち視線を画面の端から端に動かさなきゃいけないってのが
長時間プレイするにはストレスですね。
あ、ゲームは一日一時間でしたっけ、すみません(;´Д`)

育成システムは、武器に紐づけされたスフィア盤とか、
あるいはクリスタリウムみたいな感じ。
主にステータスや根本的なな能力を伸ばすような感じで、
アビリティのマテリアとは衝突しないようになってる。
これはわかりやすいし、育てる楽しみとか、
武器を色々使い分ける楽しみがあっていいですね。
個人的にはとても気に入っています。


こっから先はちょっとマイナス点を連続で挙げますが……

まず、オープニングムービーで
スタッフの名前をズラズラ出されるのは冷める。

キャスト名と、ほんの数人の主要スタッフだけならわかる。
けど、まるでエンドロールであるかのように出す必要はない。

FF15の勘違い寄せ書きもそうだけど、
スタッフがそんなに前面に出てどうすんのって。
プレゼントキャンペーンなんかでも、
スタッフのサイン入りの何かが当たるみたいですけど
スタッフのサインにそんな価値あるの?
そんなのより、アマゾンギフト券1000円の方がいいわw

これは3部作って判明した頃から言われてることですけど
やはり全体的に「水増し感」は拭えなかったですね。
シナリオの掘り下げって要素があるのはわかります。
でも、テンポっていうのも大事だと思うんですよね。
もちろん今作がFF7初見って人も多いだろうけど、
元々のストーリーはかなりの人が知ってるわけですから。
一つ一つのイベントに間延び感を感じずにはいられないし、
これをやるための3部作なら、3部作の価値はないなと感じる。

FINAL FANTASY VII REMAKE_20200412204927.jpg

映画のディレクターズカット版ってあるじゃないですか。
あれって見てみると、
所詮はいらないシーンだからカットされたんだな
って感じることがほとんどです。
今のところは、掘り下げっていう印象より、
ぶっちゃけ蛇足の印象が強いです。

その蛇足は、ボス戦でも気になります。
ボスモンスターが特殊攻撃する時の演出が長すぎる!
敵がバリアを展開するのを表すのに、
そんなに長い動作見せる必要ありますか?ってレベル。
FF12の完全マバリアくらいのウザさを感じます。

こう思わせてしまうのには、演出にも問題がある。
FF13あたりから始まった、

ムービー見るためにゲームやらされる問題

とにかく、ゲームとして遊べる部分と、
ムービー(イベント)部分のバランスが悪すぎる。
ちょっとやってムービー、またちょっとやってムービー。
これが最近のFFの評価を大きく下げてる要素の一つ。
映像が素晴らしいのはわかりましたから
でも、ムービー見るならムービーソフト見るから。

イベント時の、キャラの無駄なモーションも気になる。
まるでミュージカルみたいな大振りモーション。
普通に突っ立って会話するのは悪っていう認識でもあるのか?
洋ゲーやることが多かったから気になるのかなぁ?
逆に無駄な動きが不自然になってる気がしますけどね。
これもFF13以降に気になる悪いところ。
ライトニングリターンズは、某キャラクターのモーションが
あまりに気持ち悪くてプレイを辞めたって事もありましたんで。


オリジナル版と違うストーリー展開があるかも知れない
そう思わせるフシがいくつかありますが……
そこは別にいいんじゃね?くらいにしか思いませんね。
エアリスが復活しようが、セフィロスが仲間になろうが。

漫画や小説原作の映像作品でも、
原作と展開やエンディングが違うってのはたくさんあります。
パラレルワールドとまではいかんでも、それはそれで、
別の物として楽しめるようになっていればいいでしょうし。

故に今作は、
オリジナルのFF7こそが最高峰と感じてる人には
違和感だらけで、正直あまり向いてないかも知れません。


分作って事自体にも、賛否両論あるでしょうけど、
こっちも個人的にはまぁ、いいかなとは思ってます。
映画でもマトリックスとか、一時期3部作流行ってましたし。
FF7はやっぱり特別な作品だとは思いますし
他とは違う超リメイクがなされるのは悪くない。

ただし、次作へのペースは上げてくれないと、評価変わります。
これで完全版商法をあからさまにやりだしたら、
一気に総スカンって事もありえる。
ストーリーの決まったものを、
フルプライスで3本買わせることになる責任は感じて欲しいところ。

少なくとも来年の今頃には2を出しててくれないと。
パッケージの裏に「分作予定」なんて怪しげな文言書かれてますけど、
こういう事って、もっと大々的に言わなきゃいけない事でしょ。
知らないで買ってる人結構いると思いますよ?
みんながみんな、ゲーム情報事細かにチェックしてるわけじゃないし。
都合悪いことは小さくなんて、正直不安ですよ。
タイトルに「リメイク1」とか番号付けるとか(ださいけどw)
サブタイトル付けるとかすればわかりやすかったのに、
敢えてそれをやってない辺りに、作為的な物を感じずにはいられない。

なにせFFさんは

予定は予定であって未定である

を実践した前科持ってますからね。
2本目が大コケして3作目中止も十分考えられますから。
物語として完結して初めて、
FF7リメイクの本当の評価が出るんじゃないでしょうか……


とりあえず出来は悪くないと思います。
よっぽどのクソゲーでない限り
良作かどうかを決めるのはやった本人だと思いますし……
迷ってる方は、実況動画をネタバレにならない程度にながめて
自分に合うかどうか
その上で、定価で買うか
ワゴンに行ってから買うか決めたらいいんじゃないかな。

個人的には非常に楽しんでやっております(*‘∀‘)
元々おつかいクエスト嫌いじゃないし。
大好きなFF7の世界で色々遊んでみたい、
少なくともそんな欲求はかなえてくれる一本かと。


FINAL FANTASY VII REMAKE_20200412210857.jpg

オリジナル版のミッドガルって
どこ行っても暗くてどよーんとした雰囲気だったので、
こういう風景は新鮮ですね。
でも敢えて突っ込んじゃうと、教会の中だけが日差してて、
花が育つって設定じゃなかったっけ?(;´Д`)
日が差すどうこうじゃなく、土の問題でしたっけ??


posted by はとみそ@灰になりまくり at 21:54| FFスクエニ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月26日

【PS4】積みゲー消化~懐かしのロマサガ2&ロマサガ3 マラソン攻略

コロナが次第に拡大していて恐ろしい限り。
私自身も喘息持ちなので、感染したらどうなるかと怖いです。
北海道は今若干落ち着いていますが、
自治体の出してる数字が100%信じられるわけじゃなし、
油断したらまた広がってくると思いますので気を抜かず。
遊びに行くのも美容室も我慢して(涙)
巣ごもりしつつ、せっせと積みゲー消化します\(^o^)/
どうぞここをご覧の奇特な皆さんもお気を付けください。

とりあえず
ロマンシングサガ2~3をマラソン攻略しました。
リメイクを待ち望んでいて、どちらも発売日にゲットしてたんだけど、
なかなかやる時間がなくて……(;´Д`)
ドットがこれでもかっていうくらい強調された美麗画面に酔いしれながら
懐かしさと共にプレイしました。

SFC時代は超やり込みましたねー。
GB時代のサガ1~3、ロマサガ1~3、そしてサガフロまでは
時間を忘れてプレイしていたシリーズです。
最新作のサガスカもちらっとやったけど、
あれはちょっと毛色が合わなかったなー。
サガらしさは満載だったとは思うけど、ロマサガは超えられなかったかな。


ロマンシング サガ2_20200321202236.jpg

まずはロマサガ2。
サガの象徴・閃きシステムが始まったのはここから。
単調になりがちなバトルに楽しみができた。
高難度の技をピコーン💡と閃いたときの喜びったらないです。

特定のイベントをクリアすると年代ジャンプする仕様があって
次々キャラクターが入れ替わっていくので、
パーティメンバーに思い入れを持ちにくいってのはマイナス。

ロマンシング サガ2_20200321202258.jpg

仲間はクラス(職業)で選んでいくのですが
クラスの中でも技の閃きやすさやパラメータに個性があって
これは、ぶっちゃけ余計な設定だな、って思った。
斧が得意なキャラだと思っていれてたら、
実は一番技を閃かないタイプだったりして、
後から知るとガッカリ……っていうね(;´Д`)


ロマンシング サガ2_20200326223451.jpg

ロマサガ2といえば、
禁断のクイックタイム嵌め

ロマサガ2のバトルはレベル高めですけど、
ぶっちゃけ
全員MP250まで上げて順番にクイックタイム使ってたらほとんど終わり
ですからね。
ラスボスすらこれでやれてしまうので、
自ら封印したプレイヤーも多かったことでしょう。
あまりの強さに「3」ではさすがに弱体化されましたね。

リマスター版には追加要素のダンジョンと新ボスが追加されてます。
ダンジョンではロマサガ1にちなんだ新武器、防具が入手可能。
マラソンしてると貴重な結界石も大量に手に入るのでオイシイ。

ロマンシング サガ2_20200326223531.jpg

追加ボスはクモの化け物リアルクイーンドレッドクイーン(;´Д`)
マトモに戦えば滅茶苦茶強いですが、
マトモに戦わなければ大したことはないです。
かといって、クイックタイム嵌めはできませんが。
(クイックタイム返しという技を使われる)

追加ダンジョンの緑と黒の迷宮1~6層をマラソンし、
パワーリングやマジックリングを収集して
全部位をそれらで埋めた上で、最強技や術を連射していれば勝てます。
千手観音とか、線切りとか、ギャラクシィ、クリムゾンフレアあたり。
陣形はアマゾンストライク。

一人でも死者が出ると陣形効果が失われますが、
構わず生き残ってる人間で攻撃し続けるのがミソ。
うまくいけば3ターンで沈む。
そこから真の姿に変身しての再戦ですが、
そこも同様の戦法で3ターンくらいでいけるはず。
無駄に防御しようとか、回復しながら戦おうとか思うのは無駄。

見切りがあれば有利にはなりますが。
基本的には、サガは全体回復手段がほぼないので、
長期戦はジリジリ削られて不利になるだけ。
ザコであってもやられる前にやるのが基本ですね。
特にロマサガ2は敵の攻撃がキツめですから。

ロマンシング サガ3_20200219122723.jpg

ロマサガ3は、
一口に言ってしまえば、FFシリーズに近くなりましたね。
大衆的になったというか。
システム周りも親切になったし、イベントもかなり単純。
一応時間制限あるイベントもあるけど、
本当に微々たるもの(お使い程度のもの)で、
もはやフリーシナリオとは呼べない感じになってしまったのは
ある意味マイナスポイントなのかも知れませんが……
でも、サガシリーズの中ではダントツで一番好きな作品です。
サガフロ1はこれの流れをそのまま汲んでる感じでしたね。

主人公全員クリアは当然の事でした。
この作品、珍しくマルチエンディングになってますんでね。
ぶっちゃけしょぼいけど(;´Д`)
主人公全員×2くらいの勢いでやってましたよ。

イベントの数が多くなく、変化が付けにくいので、
私は主人公ごとにパーティのテーマを決めてやってました。
カタリナは他の主人公が仲間にできないキャラなので、
いっそ周りを他の主人公にしようとか、
ミカエルの周りは高貴な人にしようとか、
サラはコマンダーモードだな、とか
(サラに関しては、攻略的にもその方が絶対良いのですが)

ロマンシング サガ3_20200219100359.jpg

ロマサガ3といえば、
データとして収録されているが、遭遇できない最強モンスター

通称・レアモン

が有名な所です。
ザッハークとか、ワンダーラストとか、
某攻略本に「なかなか会えない」各種族最強の敵として
紹介されているモンスターなのですが、
前述のとおり、プログラム上ごく限られた状況(ほぼ再現不能な状況)
でなければエンカウントできないようになっているので、
普通にプレイしていても会う事はできません。

「なかなか会えない」ってことは、超低確率では会えるんでしょ!!と信じ
延々数十時間ザコ敵を狩りまくっていたあの頃を思い出します。
そのころから私はマラソン作業的な事に、
大した苦痛を感じることなく従事していたようです。

その時間泥棒なレアモンたちに、
暗闇の迷宮という追加ダンジョンで出会うことができるようになりました。
これは、SFC時代からの古参ファンには嬉しい限り。
欲を言えば、固定ボスじゃなくて普通に徘徊するザコとして出て欲しかったですね。
せめて、追加ダンジョンの中だけでもいいので。

ロマンシング サガ3_20200218214813.jpg

ロマサガ3といえば(再)
アスラ道場なんかも懐かしい方多いんじゃないですかね。
入門して武器の素振りにいそしんだ日々が懐かしいです。
洞窟寺院跡道場が本部ですが、
ここ、最深部にいるボスのガラテアを倒してしまうと
アスラ先生が道場を畳んでしまうという、
取り返しのつかないポイントの一つ。
私も特に攻略サイトなどを見ないで進めていたところ、
普通にガラテアを殺ってしまいました。

後で気づいて、あー、どうしようかーと、
SFC時代なら頭を抱えるところですが、
リマスター版なら心配なし。
追憶の迷宮という追加ダンジョンの中で、
アスラ先生が新たな道場を開いてらっしゃいます。

場所は、迷宮の第3層-5マップ目
とりあえず第4層の1マップ目
(魚シンボルがたくさんいるところ)まで進めて、
そこから逆進してすぐの、ワープゾーンのあるフロアが住所。
ワンフロアで3回会えるチャンスがあり、回復に行くのも楽々。
洞窟寺院跡よりずっと効率的です。

攻略サイト見てると、
「技王冠(消費技ポイントがー1される)が無いと最強技を閃けない」
「王冠が付かなくなるので術は使わない方が良い」

みたいな記載してる所が多いんですけど、
別に王冠無くても閃けますよ?
自分はトーマスとモニカをそれぞれ文武両道で育てましたが、
どちらもアスラ道場で、もちろん王冠無しで
槍の無双三段、小剣のファイナルレターを普通に閃いてます。

王冠の有無は閃き確率には影響してるのかもしれませんけど、
もっと重要なのは、キャラの武器に対する適正
その最強技を閃くことができるキャラかどうか?ってことです。
術も育てると結構強いんで、積極的に使った方が楽っすよ?
術だけに頼ると、道中のバトルでWPがカツカツになってキツいし。
武器一択のハリードやらウォードを術使いにする必要はないですけど
どちらも使えるキャラなら育てとくと損はしないかと。

ロマンシング サガ3_20200321202144.jpg

あ、ちなみに、
追加裏ボスのヤマはザコです。
しっかり強化したパーティなら大した苦戦もせず倒せます。
戦略も特になし。
最強技で殴る、HP減ったら回復
シャッタースタッフはいくつか持っておくといい。以上。



どちらもプレイ時間は40時間くらい。
当時のRPGのボリュームって大体そのくらいでしたね。
それだけに、「やりこみ」ってのが流行りました。
一人でクリア、術だけクリア、タイムアタック、
ロマサガ1なんかは、やりこみ面だけでもかなり愛された作品でしたね。
リメイクのミンサガじゃなく、あくまでSFCのロマサガね。
バグだらけだし、作り込みも甘いし、何より不親切な面がたくさんあったけど、
熱狂的なファンを生み出した一本でもあった。


近年のゲームはボリュームが大幅アップしていて、
普通に攻略しても80~100時間くらいかかったりするので、
正直1周すりゃお腹いっぱいになっちゃうんですよね。
FFも、PS2時代までは2周かならずやってたけど、
それ以降(といっても、13と15しかないけど)は
周回回すにはキツいっていう。
1周での満足度を上げた結果、
やり込みを楽しめる「遊び」の余地も少なくなった気がします。

昔は昔の、今は今の良さがそれぞれあるんで、
どっちが良い悪いは一概には言えませんけど。
自分で遊び方を模索するようなというか
能動的に遊べるゲームは減ったのかなーっていう印象はあります。
まぁ、最近は(特に日本人は)
決まった道をドラマチックになぞっていくタイプが好まれる傾向があるので
色々自由にやれますってのは受けないのかも知れませんね。


posted by はとみそ@灰になりまくり at 22:53| FFスクエニ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする