2020年07月25日

【PS4】龍が如く0~誓いの場所 名作と名高い1本はやはり名作だった

シリーズの中でも最高傑作と謳われる

龍が如く0 誓いの場所_20200725171326.jpg
龍が如く0 誓いの場所

とりあえずメインストーリークリアしました。
いや~、面白かったな……
久々に、ストーリー面白いと思うゲームやったかも。
先が気になってしょうがないって感覚、しばらくなかった気がします。
でも、サブストーリーやらミニゲームに
浮気しまくってなかなかストーリー進まないのが
龍が如くシリーズの良いところであり、悪いところw

龍が如く0 誓いの場所_20200725173143.jpg

龍が如くシリーズは、
PS2時代の「1」を発売当時にプレイして
続編の「2」までは続けてやったんですが、
それから3~6までは手つかずになってました。

ストーリー的にも複雑すぎる感じが出始めていたのと、
複数主人公というのがイマイチ受け付けず。
「6」に至っては、
シリーズのキーパーソンの一人である遥ちゃんの扱いが
あまりに粗雑である
というネタバレを見まして
それを知った瞬間に全くやる気がなくなったという"(-""-)"

その中で、いつの間にか発売されていた「0」
これが大した面白いらしい、シリーズの中でも名作らしい、
とにかく評判がとても良かった。

発売された当初って、アニメゲーム界では、
本編以前の物語を描いた「ゼロ」ブームが巻き起こっていて
その中にはよくやってくれた!的な評価の高いものもあれば、
単なる蛇足エピソードに成り下がっていたものもありました。

あまり期待値上げ過ぎると、実際プレイした時に
超ガッカリさせられるっていうのは
ゲームの悲しきあるあるだったりしますが、
今作をプレイしてみた率直な感想として

これは間違いなくシリーズ1の名作です!

……と断言できる。
よくこれをやってくれた
本当に、制作スタッフありがとう!って言いたい。

とりあえず、シリーズの「1」をやってれば
話の流れとか、登場人物は理解できます。
そこで、主人公の桐生チャンこと桐生一馬と、
彼につきまとう?みんな大好き真島の兄さんこと
真島吾郎っていう、この二人のキャラにピンと来たのであれば
「0」は十分すぎるぐらいに楽しめると思います。
知らなくても楽しめるようにはなっているけど、
魅力は少し減ってしまうかも知れません。
感慨深さとか、思い入れが全然変わってくるので。

龍が如く0 誓いの場所_20200724225033.jpg

特に真島の兄さんに対してはね。
「あの兄さんが!?」っていう意外性が、
終始ストーリーを盛り上げてくれる感じ。
あの狂犬キャラのルーツも紐解かれますしね。
二人主人公ではあるけど、
もう兄さんのためだけにある作品といってもいいかもしれない。
ストーリーの感想はネタバレになるので、後程語りますが。

日本のゲームにしては
ドラマの見せ方が上手だなーって思った。
前にやったマフィアシリーズに近い感じ。
人の演技を凄く自然に見せている。
どうして近年の日本のゲームって
こういうちゃんとした見せ方できないんでしょうね。
派手な動きとか、別に必要ないんですよ。
ちょっとしたカメラワークとか、ちょっとした仕草で十分なのに。

度々引き合いに出して申し訳ないけど、FFとか
グラフィックはとても素晴らしいけど、
身振り手振りがとにかく不自然じゃないですか。
ミュージカルか何かみたいに。
それでいて「映画をお手本にしてます」みたいなこと
インタビューとかじゃ言ってるでしょ。
見る映画間違ってねーか?って思いますよ。
オーバーアクションは、等身低いキャラだから映えるけど
キャラがリアルになってると、悪目立ちしかしないんですよね。
出来上がったものを自分たちで見て、おかしいって思わないのかなぁ。
ムービーキレイ!凄い!って思うだけなのかなぁ。

龍が如く0 誓いの場所_20200725172518.jpg

龍が如くシリーズは、サブストーリーでも遊ばせてくれる作品。
セリフ一つとっても、
当時の時事ネタなんかを上手に盛り込んでいて、
センスの良さを感じますねー。
ネタとしても思わず笑っちゃうような面白いのが多いし。
超シリアスなメインストーリーと、
コメディタッチなサブストーリーで、うまく住み分けしてる。
一応17才以上指定のソフトなので、お色気下ネタ系も多いけど、
桐生チャンの反応の仕方がいちいち中学生レベルで、
それがまた面白いんですよねw

シリーズの特徴といえば、
豊富すぎるミニゲームもそう。
ミニゲームレベルでここまでちゃんと遊ばせるのってなかなかない。
それぞれの本職のソフトには当然勝てないクオリティかも知れないけど、
とにかく「ちゃんとしてる」。

多少サブクエストとかに絡んでくる部分もあるけど、
やりたくなきゃ基本完全スルーでも問題ないし。
収集要素が好きな私としては、
達成目録ってのがあるとどうしてもコンプしたくなるんで、
クリアした今もプレミアムアドベンチャー
(クリア時のデータを全引継ぎして遊べるモード)
で、ちまちまカジノとかやってます。
なんかやらずにいられない魅力があるんです、不思議と。
ミニゲームの話は、別記事であらためて言います。

龍が如く0 誓いの場所_20200725173245.jpg

バトルも、ボタンの組み合わせとかタイミングで
簡単に大技を出せたりするので、
ノーマルで遊ぶ分にはそんなに難易度が高いわけでもない。
バトルスタイルの切り替えってのも楽しい要素だった。

真島の兄さんの方は、どのスタイルでもコンスタントに強いけど、
ダンサースタイルがかなり強かった印象。
何せ、ふっとんで寝てる敵にもガンガン攻撃入れられるので、
ボスだろうが何だろうが一方的有利な展開に持ち込みやすいです。

対する桐生チャンは動作が重いのが多くて、若干戦いにくい。
特に、ロングバトルで出てくる拳銃持ちを相手にする時は、
ヘタすると他の敵に囲まれて身動きできないまま、
一方的にハメ殺される展開になる事もあったり……
チンピラスタイルは素早いけど、火力がかなり低いので
アクションが苦手な自分にはちょっと使いにくかったですね。
敵の攻撃を避けるっていう反応の良さも求められるし。

プレイ時間は、今のところ130時間くらいかな。
メインストーリー追っかけるだけでもそれなりのボリュームだし、
そこにサブクエやミニゲーム消化が入ってくれば
相当なやりごたえあります。
で、エンディングもかなり長くて見ごたえあるんですよね。
ムービーよりスタッフロールの方が長いなんてことないです。
時間かけて遊んだだけの分はきっちり見せてくれます。
そこもまた名作と呼ばれる所以かも。

前述のとおり「1」やってればなお楽しいし、
これをやってから「1」に戻るのもまたオツかも。
戻るなら、当然オリジナル版じゃなく、リメイク版の「極」の方。
「0」に登場してたキャラのその後が描かれてたりもするんで、
また違った感慨があるかも知れません。

トロコンは狙いません。
引継ぎなし1からスタートの
難易度レジェンドでクリアはちょっとキツい。
まず金策から始めなきゃいけないってのも苦痛。

なんだかんだ言って本編のラスボス戦結構苦労したし、
途中のカーチェイスバトルも、今回は一発クリアできたとはいえ、
元来苦手で、結構ギリギリな勝利でもあったし。
あれで被弾ダメージ上がるんなら、到底無理だなって話になるし。
チート武器を使うと比較的楽とはいうけど、
自分には無理だと思いました。
とりあえず、達成目録100%にして、
取れるトロフィ全部取ったら卒業かな。


最新作の「7」も、何だかんだいって評判いいみたいですね。
まさかのコマンドRPGになることが発表された当初は
シリーズファンの悲鳴に近いコメントが
ネット上にも溢れていましたが、
いざ発売してみれば、ふつうに面白い!っていうじゃないですか。

主人公が桐生チャンじゃないってところで
若干敬遠してたところもあるんですが、
熱い男で、やっているうちに感情移入できるらしい。
やはり腐っても龍が如くだとは思うので、
ある程度のクオリティは期待できる。
機会があればぜひやってみたいなーと思ってます。


以下はストーリーやキャラについて語ってます。
含むネタバレなんで一応たたんでおきます。

つづきはここを押しなされ
posted by はとみそ@灰になりまくり at 17:55| PS4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月01日

【PS4】(ネタバレアリ)ドラゴンクエスト11~過ぎ去りし時を求めて クリア!!

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて_20190801211927.jpg

ドラクエ11、クリアしました。
トロコンまでのプレイ時間170時間くらい。
発売日に買ったのにずっと寝かせたままでしたが、
たっぷり値段分遊ばせてもらいました(*'ω'*)
職場でもやってる人結構いて、評判もそこそこ良かったんで、
まぁ、口コミ通りの出来だったのかな。


〇 まずは全体的な感想

全体的な感想としては、

ああ、ドラクエだなぁ(*´ω`*)

で、

さすがドラクエ、めっちゃ丁寧に作られてる!

と感動もしましたし

ドラクエにはFFのようにならず、このままでいてほしい

とも思った。

確かに、3Dアクション全盛の今の時代に、
コマンド制ターンバトルなんて古いのかも知れん。
ボイス無しなんてありえないのかも知れん。

でも、ドラクエはこれでいい、と思う。
これから出るスイッチ版ではボイスは入るみたいだけど、
それでも、ドラクエらしさは失ってほしくないし、
変わらない良さってあると思うんですよね。

FFは、変わろうとし過ぎて
今じゃ迷走しまくってますけど。
このブログでは結構私、FFディスってますけど、
昔はドラクエよりFF派を断言してる人間だったんですよ。
愛していたが故に、裏切り(近年の劣化具合)が許せないってやつ。

リアルなキャラばかりが正義じゃないよなって
今作をプレイしてて感じましたね。
これだけ漫画チックなキャラがこれだけ流麗に動くんだったら、
このノリは全然アリだし。
FFも一度、リアル路線捨ててこの路線で作ればいいのに。
それこそ、FF9をこんな感じでリメイクするとか。

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて_20190801221018.jpg

マルティナって、今回のセクシー枠な女性キャラですけど、
セクシーではあるけど、
エロかったり、下品だったりはないじゃないですか。
それは、この等身だからだと思うんですよ。

FF7のリメイクで、リアルタッチのティファが当然出てくるけど、
なんかヤラシさだけが先に立ってしまう。
FF10のルールーがギリギリ限界。

昔のオリジナル版FF7のイラストなら巨乳でも気にならないけど
リアル等身でやっちゃうと、どうしても生々しすぎてしまう。
なんでもかんでもリアルにすりゃいいってモンでもないし、
それをウリにするようになったなら、「FF」としてはクソ。
実際、コスチュームにはかなり自主規制入ってるみたいですしね。
昔の野村絵を3Dで動かした方が良かったんじゃね?って
個人的には思ってますが。


〇 システム周りとか、バトルとか、ミニゲームとか

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて_20190622191728.jpg

まぁ、いつものドラクエって感じで、
全体的に奇をてらった部分はなし。
極端に難しくて困る要素もなし。
攻略中強制的にミニゲームやらされるのは若干辟易したけど
(カジノ&ウマレース)
まぁ、どのゲームにもありがちな事なんで批判する気はないです。
トロコン狙う程度なら、マジになってやりこむほどのものでもない。

小さなメダル集めも、
終盤行くと簡単に無限に手に入っちゃう手段があるので、
マップをキッチリ巡って集める必要が無いという……ね(;´Д`)
これはこれで若干寂しい気もしたけども……

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて_20190801220706.jpg

バトル面では、パーティメンバーがゾーン状態に入ると使える
「れんけい」がかなりたくさん用意されていたのですが、
いかんせん使う機会があまり無かったのが残念でした。

積極的に使ったったら、
クエスト絡みのやつと、スーパールーレットくらいかな……
人によっては、レベル上げにスペクタクルショー使った方もいるでしょうか。

トロフィに「全ての連携を見る」とかいうコンプ要素があれば
もうちょっと使う機会もあったかも知れないけど、
通常のバトルには少し組み込みにくかったかなぁ。
下手にゾーン解放するより、
ゾーン状態のまま戦う方が利益を享受できてたように感じますし。


〇 カンストPTでも若干キツめだった、ドゥルダの試練


ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて_20190801221352.jpg

ドゥルダの練武討魔行は、
全員カンストしていれば、第四の試練までは普通に力押しでいける。
面倒くさい奴はベロニカのマダンテで一発。
……が、最終試練はさすがに闇雲にやってもダメでしたね。

自分のパーティメンバーは、
たねマラソンでだいぶドーピングかましたメンツでしたが、
それでも数回詰み状態になって、リトライしました。
それでも数回のリトライで済むんだから、優しいと思います。

私がクリアした時のメンバーは、
1戦目 主人公&グレイグ
2戦目 ロウ&マルティナ
3戦目 カミュ&シルビア
4戦目 ベロニカ&セーニャ

3戦目のメガパンドラボックスは、
カミュの分身&シルビアのバイキルトからのデュアルブレイカー
(最低3ターン消費)
4戦目はベロニカ&セーニャのクロスマダンテで一発終了なので、

とにかく1戦目2戦目がどのくらい早く終われるかで、
合計25ターン以内を達成できるかどうか決まる感じ。
一番運が絡んでくるのが2戦目かな。
とにかく全体攻撃出しまくって、
それで全滅チャンスが巡ってくるかどうか……

でも、ここで頑張って強い武器手に入れても、
もう使う機会がほとんど残ってなかったりするんですけどね;;
まー、これは昔からのRPGあるあるだけど……


〇 みんなお気に入りになったパーティメンバー達

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて_20190801211811.jpg

あんまり使ってあげられなかったんだけど、
シルビアめっちゃ好きだったなー。
一番フワフワしてそうなのに、一番行動に芯が通ってて
イチイチ言う事が(女々しいが)カッコいいし。
悩みとか何でも打ち明けられそうだし、
どこまでも真面目に聞いてくれそう。
騎士属性好きな自分としてはグレイグもお気に入りだけど、
シルビアは文句なく友達にしたい人ナンバー1ですなぁ。

でも、今のご時世、この手のキャラって大丈夫なんかな?(汗
色々、とある方面からうるさく言われたりしないのかしら?

今作は主人公パーティ全員が魅力あるキャラばかりだったので、
誰をメインに使うか本当に迷いましたね。
実際はTPOに合わせて使い分ける感じではあったけど……
正直なところ、主人公外したくてしょうがなかったんですけどね……
強いから、なかなか外すっていう選択肢が無かったんですよねぇ(*´Д`)

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて_20190801212050.jpg

キャラクター絡みで一つ文句を言わせてもらうと
グレイグの強装備がどれもこれもダサい!!
結局、デルガタールメイル+3に英雄王のかぶとを合わせて、
足りない分はまもりのたね数百個でドーピングしました。
デルガタールメイルの名前違い強化バージョンか、
コレに準じたカッコいい装備をなぜ作ってくれなかったのか……;;



以下は、ストーリー絡みなので一応たたみます



つづきはここを押しなされ
posted by はとみそ@灰になりまくり at 22:33| PS4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月18日

【PS4】ダクソリマスター……にはまだ手を付けず、ダクソ3再び!

最近物騒な事件が多いけど、
その度に悪者扱いされるのがゲーム。
容疑者の家から発見されるのもゲーム。

そりゃーゲームの中で銃撃ったり、人殺したりしてるかも知れんさ。
だけど、だからといって、
現実の世界でそれをやりたいなんて思う人は、
純粋にゲームを愛する人の中には皆無でしょう。

我々、そこまでバカじゃないんだよ。

ちゃんと、現実と仮想の区別はついてますから。
ゲームがダメっていうなら、映画もアニメも小説もドラマも
全部ダメって事になりませんか???

悪いけど、おかしなことやる輩ってのは、
ゲームやってなくても、何かに影響受けなくても、
やりますよ、あの手合いの事は。

なんで人殺しちゃダメなのとか、
聞いてくる子供がいる段階でおかしいからね。
理屈抜きでダメなモンはダメって教えてない親が、
自分の手抜き教育を棚に上げて、
手っ取り早くゲームやら何やらを悪者扱いしてる。

マジで、いい加減にしろよ。

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて_20190617195145.jpg
ゲームだって、バイオレンスなものばっかりじゃないんだぜ。


……てなわけで軽く吠えてみたところで、
ニーアオートマタトロコン達成で手が空いたので、
ちょこっとだけ手を付けていたドラクエ11と

ダクソリマスター……とはいかず、なぜかまたダクソ3に逆戻り。

いやぁ、改めてやってみて実感するけど、やっぱ面白いわダクソ3。

DARK SOULS III THE FIRE FADES EDITION_20180714161225.jpg
かぼたん相変わらずかわいい(*´Д`)

ダクソ2もブラボも面白かったけど、
やっぱり初のフロムゲーがダクソ3だった私にとって、
この作品は特別な位置づけにあるものなわけです。

カンスト世界目指して突き詰めるのもいいのかなと
心の奥底深くでちらっと思っちゃったりもしてる。
まぁ、2週目のラスボスにソロで勝てなかった記憶があるので、
到底無理なような気もしますが(;´Д`)

初回トロコン目指してプレイしてた時は、
あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ、って
なーんか急き立てられるものがあって、
楽しい中にも苦しい部分があったりもしたんだけど、

トロフィの事考えないでプレイするのがこんなに楽しいとは!!

別にアイテムにこだわる必要も全くないんだけど、
ダンジョン探索が楽しすぎるわ……

それに、初めてプレイした頃に比べると、
格段にプレイスキル上がってるなーと思う。
何せ、バクスタ普通に取れるようになってるからね。
圧倒的なレベル差だけで押していた当時とはちょっと違うぞと。

2回目のプレイなので、ただ闇雲にやっても面白くない。
そこで今回はこの

DARK SOULS III THE FIRE FADES EDITION_20190618184305.jpg

ロスリック騎士装備縛りで頑張ってみようかなと思ってます。
装備自体の性能は十分だから、
縛りってほどキツくないんですけどね。
やっぱり、せっかくやるからには、ロールプレイというか、
こだわりを持って遊びたいじゃない。
どうせ、大好きなローリアン装備だって、
終盤にならんと手に入らないしねぇ。

んで、まずはロスリックの高壁でロス騎士装備マラソン。
結局マラソンする運命からは逃れられないのかー;
でも、残り火や強化素材がたまーにドロップするのはオイシイ。

DARK SOULS III THE FIRE FADES EDITION_20190618184559.jpg

3日かけてちょっとずつやって、
累計5時間ほどでようやくフル装備揃いましたが、
重すぎて頭は装備できず。弓も持てず。
剣も、技量が足りなくてまだ装備できず。
とりあえず、ハベルの指輪が早く欲しいぞ!





にほんブログ村
posted by はとみそ@灰になりまくり at 18:55| PS4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする