2019年07月09日

【PS4】いけるところまで頑張る二度目のダークソウル3。1周目(1)


DARK SOULS III THE FIRE FADES EDITION_20190619213941.jpg

二度目のダークソウル3。
トロフィ攻略済みな分、ただ1周クリアしても面白くないので
こうなったら、いけるところまで周回重ねてみるのを目標にしよう。
もうダメだ、これ以上はもうマジで無理だ
……って思うところまで頑張ってみる。

あと、DLC全くやってないんですよね、実は。
ダクソ3の完全版が発売になるって時に、
たぶんトロフィもDLC込み仕様に変わるだろうから、
またその時にトロコン兼ねてやっていこうかと思ったんだけど、
まさかのトロフィ共用でしたからね……。
当時持ってたデータは3周目のデータしか無かったし、
DLCのためだけに1からやり直すのもキツいしで
それ以来手を付ける機会がありませんでしたので。


とりあえず、二度目1週目のの進捗状況

DARK SOULS III THE FIRE FADES EDITION_20190630212516.jpg

冷たい谷のボルド、邪腹の大樹ともに、一発撃破!

初プレイ時は、確かロスリックの高壁でレベル上げマラソンをして、
ボルド戦では達人を召喚し、
彼を盾にしながらごり押しで戦ってた気がするんで
自力100%で倒せたって事にとりあえず満足してます。はい。

このまま踊り子までやれるんじゃないかとも思ったけど、

DARK SOULS III THE FIRE FADES EDITION_20190630211955.jpg

まー、さすがに調子乗りすぎました!

それでも、初プレイの時に
今より少し強いくらいのレベルで挑戦した時よりも、
ずっとずっと落ち着いて動けてた感じ。
今回はあまりに火力が無かったのでちょっと心が折れただけ……
粘れば倒せない事もないと思う。
けどまぁ、特に急ぐ理由もないし、
カーサスの地下墓行った後にでも倒そうかな。

DARK SOULS III THE FIRE FADES EDITION_20190708183313.jpg

そしてそして、技量も18まで成長させることができ、
よーやっとロスリック騎士の直剣装備できるようになった!
やったー!!

今まで、筋力より技量に先にステを振る事が無かったんで、
気持ち的にかなり新鮮というか……
ダクソ2でもブラボでも、
基本的にはずっと筋力優先で振るのが当たり前だったので、
このまま技量に振り続けるのには一抹の不安は感じてます。
いずれは筋力も40まで上がってるんだろうけどね。

まぁ、少なくとも今回のプレイの1周目はロス騎士装備で頑張りたいので、
この剣を複数集めて、それぞれ別の属性に派生させて、
状況に応じて使い分けていく形にしようかな。
武器派生も、石やら種火やら一生懸命集めてたけど、
あんまり使わなかった記憶がありますしね……。
余裕がある分、そういう要素もしっかり楽しんでいきたいですよね。

どうせ2週目からは、
ローリアンに生まれ変わる事になるだろうから(*´Д`)
じゃなきゃモチベーション上がらんし。

ロス騎士だから、今回は奇跡も使っていくつもり。
エストの補助として回復に使えるのは地味に有用なんですよね。
後々FP回復の装備が作れればなおのこと探索がやりやすくなる。

現時点でツラいのは、弓が持てない事ですね。重すぎて。
剣を外して完全に持ち替えないとドッスンなので、
ヒジョーにわずらわしい。
でも、この先はさすがに、遠隔で釣る手段を持ってないと
道中キツくなってくると思うんだよなぁ。

となると、装備重量にステータス振るしか無いんですけど、
装備重量って、装備重量と防御力しか上がらないんですよね。
防御力なんかほぼほぼ無意味ステータスだし。
ダクソ2みたいに、ステータス何か上げると、
HPも一緒に上がるシステムになってれば良かったのになぁ。
低体力攻略したい人には迷惑だったんだろうけど。



そういえば、ダクソついでに、
ダクソリマスター、ちょっとだけ手を付けてみたんですよ。

びっくりしましたね。

まさかの

DARK SOULS® REMASTERED_20190708183429.jpg

初期装備でスーパードッスン

いやいや、せめて初期装備くらいはフルで使わせてくれよ……
元々頭装備はしない主義ではあるけど、
騎士選んで軽装しなきゃいけないなら、
なんていうか騎士選んだ意味ねぇし……

あと、操作感が全体的にモッサリなんだなって。
モッサリゲーと名高いダクソ2よりもっとモッサリしてる。
まぁ、当時はPS3の時代だから、
3Dが当たり前にぬるぬる動いちゃうPS4時代とは
安易に比較はできないけど。
攻撃のタイミングがあからさまに取りにくくてツライ。
少なくとも、スピードゲーのダクソ3との並行は厳しい、かなり。
これなら、ダクソ2からこっちに直行した方が良かったかもね。

というわけで、当面は(飽きるまでか、心が折れるまで)
ダクソ3専任になりそうです。






にほんブログ村
posted by はとみそ@灰になりまくり at 20:40| ダクソ/ブラボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月05日

【PS4】ブラッドボーン 狩人生活ついに終焉……DLC&本編クリア、トロコン達成

いきなり関係ないけど、FF14とうとう解約した。
一応次回の拡張ディスクの情報も見てたけど、
なんか色々自分の好きなFF14からかけ離れてきた気がしたので、
もういいや!って思っちゃった。
一番の要因は、24人レイドに野村氏が関わってきた事かな。
あの人が作るキャラとか非常に苦手なので、
なんかゴメンナサイって感じで解約ポチ。
PCもゲーム用じゃないから、どのみちプレイできんし。


そして本日のお題。

終わっちゃった……
終わっちゃったよ、ブラッドボーン……

Bloodborne® The Old Hunters Edition_20190505205158.jpg

DLCも含め、全トロフィコンプ致しました。

あー、なんだろうな。
ダクソ2の時も、ダクソ3の時も思ったんだけど、
フロムのゲームトロコンすると、
なんか心の中が空虚な感じになるんですよね(;´Д`)

ずーっと気合入れて、集中してやってきて、
やってる最中は「さっさと終わらせて別の積みゲーやりてー!」
って思ってるんだけど、
終わっちゃうと凄く残念な気持ちになってしまう。
全般的な感想はまた後程書きますが、

ブラッドボーン、面白かったです!!



〇 DLC「The Old Hunters」について

Bloodborne® The Old Hunters Edition_20190505210410.jpg

いつだかの記事で、
DLCは難易度高いだろうし、最後までやり切る自信ないなー
みたいな事を述べていたと思うんですが、

固定聖杯クリアした後だと、
ぶっちゃけDLCはヌルかったです。
道中、ボス含め。(もちろん1周目限定ですが)
聖杯の4層とイコールになるくらいかなぁ?

固定聖杯を攻略する過程で、
本編で手に入る物より強い血晶石が揃ってましたし、
何よりレベルが、130超えてましたんで、
そうなると、主要なステータスってほぼほぼ上限に行ってるので。
乱暴ではあるが、力押しで行けてしまいましたね。

聖杯より先にDLCをやってると、
逆に聖杯が楽って感じるかも知れません。
ただ、血の意思が聖杯に比べればメチャメチャしょっぱいです。

狩人の悪夢、実験棟、漁村、と3つのエリアの中で、
全ての敵をひっくるめて最強だと思ったのは
漁村の出るこの巨大サハギン?(何と表現したらいいかわからない風貌)

Bloodborne® The Old Hunters Edition_20190505210203.jpg

こいつの対処法がイマイチわかりませんでしたね。
突進からの連撃が凄まじいですし、
聖杯を超えてきた私であっても、とにかく一撃一撃が重い。
不用意にステップしても簡単に刈られるし……

こいつが、漁村の序盤にある井戸を下った先に2体出るんですが、
この場所は、このゲームでも3本指に入る難所だと思います。
1体でも強いこいつを2体同時に相手するとか無理ゲー過ぎます。

私は「祭祀者の骨の刃」を使って同士討ちさせて切り抜けたんですが、
このアイテムはダガーみたいに投げつけるんじゃなくて、
持って切りつけなきゃいけないので、
正直アイテム使うのすらリスクが高いです。

この井戸の中には武器が一つ置いてあるだけで
後はこれといったメリットが無いので、
死を覚悟で武器だけ回収するのがいいかも知れません。

Bloodborne® The Old Hunters Edition_20190504225918.jpg

「時計台のマリア」さま。
DLC同梱版のパッケージのお方がここでやっと登場。
ネット上でよく言われてる事ですけど、このお方
プレイヤーをパリィする事はあっても、
なぜか本気で殺してこないんですよね。

体力ゲージ半分で体勢崩されたら、
誰もがおそらくは死を覚悟すると思いますが、
1センチくらい残してくれた……(*´Д`)
ひょっとして、あんまり技量に振ってないタイプ?

倒れて、YOU DEADが出ずに立ち上がれた時、
「オレ、生きてる!!」って頭の中で叫んでしまいました。



〇 そしてやっとこさ迎える、本編エンディングへ

Bloodborne® The Old Hunters Edition_20190505201039.jpg

準備が整ってからずっと後回しにしていた本編エンディング。
もちろん1周で全てトロフィ回収するため、
オンラインストレージを利用しての連続攻略を行いました。

まぁ、フロムのゲームには求めていない事だけど、
3種類のエンディングを全て見たところで、
何かが明確に解決するってわけじゃないです。
逆に謎が深まるというか……
基本的なエッセンスは、ダクソと一緒ですねぇ。
同じ世界がまた繰り返されるか、
一応解決はするけども、まだまだ終わりじゃないかも?? な感じか。

最高条件で迎えるエンディングが
なんか一番救いが無いような感じもしたんですが……。
雰囲気的には、2番目のエンディング
(3本のへその緒を使わないでボス倒すパターン)
が、一番好きだったなぁ。あれもあれで救いは無いけど。


〇 狩人生活を終えて、全般的な感想。

Bloodborne® The Old Hunters Edition_20180716104638.jpg

プレイし始めの頃からずーっと残念に思ってたのは、
ロード時間が異様に長いことですね~
灯りから別の場所の灯りへ直接移動する事はできず、
必ず一度狩人の夢を経由しなければいけないんですが、
その割にロードが長いでしょ……。

ゲーム自体のスピードは早いのに、
移動のたびに強制的にブレイクを入れられるっていうのは
ちょっとウンザリでしたね。
あ、カレル文字付け替えなきゃ!って思っても、
戻るの面倒だからいいや!って。

そのロード時間の長さがタマにキズではあるんですが、
ゲームとしてはもう、本当に楽しかったですね。

トロフィも1周でコンプできて、ダクソと比べても楽だったし。
ゲームそのものの難易度としては、
ダクソと比べて極端に難しいとか簡単だとかは無いです。
どっちが得意か、苦手かってレベルの話。
特にダクソは2と3でプレイ感覚大分違うから。

パリィは取りやすい。
パリィ取る事前提に作られてるようなボスや敵もいくらかいるし。
近づかなきゃいけない盾パリィより、リスクが小さいのもいい。
これぞブラボ!なアクションでもありますしね、
ダクソでパリィほとんど使ってなくても、
ブラボでは是非使えるようになったほうがいい。
この感覚に慣れちゃうと、すぐダクソに戻るのは難しいかもだけど:

ブラボに関して言えるのは、
難しいけど優しい!ってこと。

強敵なんかがいる難所でも、
何らかの逃げ道が用意されてることも少なくない。
地形利用して逃げるとか、消費アイテムを活用するとか。

だいたい、序盤から回復20個使えるのはかなり優しいですよ。
ザコのドロップ率が高いから稼ぐのも簡単だし。
確かにガスコイン神父は強いけど、
潤沢に回復アイテムが使えることを考えれば、
難易度的にそんなに難しくないって事になる。

リゲインっていう要素もあるので、
どんどん攻めていけますし。
(攻めまくるだけじゃ、やられるのがフロムゲーですが)
ダクソみたいに回復手段が限られていて、
アクション苦手だとどうしても守りに入ってしまうプレイとは
全然違うスタイルで遊んでいける。

どうしてもアクションが苦手なら、
マラソンしてある程度までレベル上げちゃえばいい。
オンラインプレイが好きな人なら白呼べばいいけど、
自分は「白いないから攻略できない」って状況を作りたくないので
マラソンしてレベル爆上げするタイプです。
HPと火力上げちゃえば中盤以降は大分楽になります。

縛れば激ムズになるし、
やり方次第ではある程度ヌルくもできる。
そういう攻略の仕方もできるゲーム。

武器は結局、初期装備の獣狩りの斧&獣狩りの短銃で通しました。
超限定的に獣狩りの散弾銃使ったこともありますが、
基本は初期装備のまま。

斧は鈍重ではあるけど、ストッピングパワーがあるので
ガンガン攻撃して進めるっていうプレイスタイルにも合ってるし、
両手持ちタメ攻撃で敵を吹っ飛ばせるのも難敵相手には役立った。
クセが少なくてかなり使いやすい武器でした。
本当は剣とかもちょっと使って見たかったんですが、
それは、次回またやる時が訪れた時に。

剣と魔法の世界が好きな私ですけど、
こういうスタイリッシュな世界にもハマりそうです。
モーションとか演出とか、いちいちカッコいい。
装備も、どれ着ようか結構迷ったり。

ダクソシリーズは終わっちゃったけど、
ブラボ2とか、いつか出るんですかねぇ?
待ち望んでいる人はたくさんいそうですけどね。
発売されたらもちろん予約してでも購入しようと思いますが!

その前に、次のフロムゲーはダークソウルリマスターだな!

とはいえ、さすがにこの手のゲームを連続プレイするのは疲れるので、
ちょっとお休みしてから、また手を出してみたいと思いますヽ(^o^)丿







にほんブログ村
posted by はとみそ@灰になりまくり at 22:18| ダクソ/ブラボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月29日

【PS4】ブラッドボーン 狩人生活11日目 平成最後に固定聖杯制覇!

yanamu.jpg

年度替わりと同時にゲームどころじゃない状況に陥っており
大分間隔が開いてしまいましたが……
やっとこさ終わりました、聖杯(固定)ダンジョン!

いや~、さすがエンドコンテンツだけあって、
当初の予想より遥かにキツかったですね……


〇 キツかったけど楽しかった、これぞブラボ

序盤こそ敵は一撃死ですし、
ボスは名前とゲージがあるだけのザコですし、
アレ、聖杯ってこんなモン?(*_*;と拍子抜けすらさせられましたが、

深度が4~5に入ってくるとさすがに
一筋縄ではいかんわい、って感じで。
まず敵が硬い、配置が嫌らしい、クセがありまくる、
そして、何と言ってもボスが強い(;´Д`)

でも、総じて楽しかったですね~。
やりこみ要素としてはかなり優秀なんじゃない?
ダクソ3にもこういうオマケが欲しかったなぁってくらい。
ローリアン装備でもっと遊びたかったし……

Bloodborne® The Old Hunters Edition_20190326203243.jpg

前述のように後半になれば難易度は跳ね上がりますが、
1層1層は短いので、
ちょっとした空き時間に軽くプレイできますし、
ボスで死んでもリトライも容易。

深度4,5エリアであれば、
敵を倒したときに入手できる血の意思もハンパなくて、
カレル無しで1層分のエリアを巡るだけで30万とか、
もはや表の世界でマラソンしてるのがバカ臭くなるレベルです。
お陰で、聖杯前90ちょい過ぎだったレベルも
130まで上がっちゃいました。

Bloodborne® The Old Hunters Edition_20190429213259.jpg

本編ではカス揃いだった協力NPCも、
ダンジョン内の探索のお供には非常に心強いです。
火力面ではクソですが、盾としては優秀。

戦いたくない敵に勝手に突っ込んでいくのはタマにキズですが、
どうせ啓蒙も余りまくってるでしょうし、
キツい時はバンバン呼ぶに限ります。
ボス戦では呼ばないほうがいいですけどね。
階段なんかだとたま~に挙動がおかしくなるのもご愛敬……

ぶっちゃけ、固定聖杯だけでも、本編より楽しさは上だったなぁ。


〇固定聖杯最大の苦難・「呪われたトゥメルの冒涜」

固定聖杯ダンジョンに挑む最大の目的は、
トゥメルの女王・ヤーナム撃破になると思います。
こいつに挑むためには、
特定の聖杯と特定の儀式素材が必要になるので、
いくつかのダンジョンを順番に進まなければいけないわけですが、
そこで立ちはだかってくるのが
冒涜の聖杯で作成する「呪われたトゥメルの冒涜」ダンジョン。

私のような、敵の攻撃を見切って正確に動作することが苦手なプレイヤーは、
HPを爆上げして、打たれ強くなった状態でゲームを進める事が多いと思います。
そのまさに生命線であるHPを、強制的に半分にされてしまうのがこの場所。
まさに生き地獄です。

それでも、ここは後発組の利点というか、
ボス戦に関してはある程度パターンが確立されているので、
意外と苦戦しないのが救いでしたが……。


〇 難ボス攻略メモ

恐ろしい獣
(病めるローラン/深きローラン)

個人的には超難敵でした。

本編で登場した時は確か、
細い道に入ってこれないのをいいことに
毒メス投げまくってチキン討伐したこの「恐ろしい獣」ですが、
ボスに昇格した今回は相当な苦戦を強いられる事態に(;´Д`)

しかも、「病めるローラン」の三層で
やっとの事で倒したかと思ったら、
次に挑んだ「深きローラン」の二層でまさかの再登場と
「お前さっき倒したじゃんかよー!!」と、もう泣きたくなりました。

お決まりのパターンだけど、
攻撃をステップなりローリングなりで避けて、
1~2発殴ってすぐ退く。
後方の広範囲を攻撃する肘打ちみたいのを使ってくるので、
張り付いてると殴られます。
とにかく、殴ったらすぐ退く。

こうすれば楽勝!っていうパターンが無く、
殴っては退く、殴っては退く、っていう、
地味な立ち回りを長時間行わなければいけないのがキツい。
一撃のダメージが大きいうえに
かなり積極的にプレイヤーに向かってくるので、
回復タイミングもなかなか取れない、
とにかく自分が苦手としているタイプのボスでした。
今回の聖杯攻略の中でリトライ回数断トツの1位。
ダクソ3で苦戦しまくった「嵐の王」を髣髴とさせられました。

持久力が必要ですが、どうしても勝てないのであれば
「毒メス」を投げて削り殺すのも手です。1本で2センチくらい減らせます。
ただし、「深きローラン」ではフィールドが狭く、
逃げるのはちょっと難しいですが。



旧主の番人
(呪われたトゥメルの冒涜)

こいつは普通に戦うと強敵ですが、
先人狩人達が攻略法を編み出してくれています。
R1を振ってからL2で不思議とパリィ取れる。
ぶっちゃけ、攻撃に合わせて適当にパン!でもいける。
何度もチャレンジしてタイミングを覚えれば何とかなる。

こいつに関して怖いのはバグですね。
壁際でモツ抜きをすると、
なぜか上にぶっ飛んで天井にめり込むという謎のバグがあります。
それもかなり高頻度で発生します。
こうなったら対処のしようがないので、
やり直すしかありません;;

Bloodborne® The Old Hunters Edition_20190429213644.jpg
↑ボスと同じ格好してるのでわかりにくいですが、
手前は私、ボスは天井にめり込んでます。


旧主の番犬
(呪われたトゥメルの冒涜)

HP半分で突進攻撃を受けると、
HPによっては即死させられる相手ですが、
こいつもまた攻略法は確率されてます。

両手持ち攻撃がギリギリ当たるくらいの前方を位置取り、
首を振って攻撃してきた時にチクチク攻撃。
炎を吐いてくる攻撃だけ気を付けて、
体力50にカレル文字で15%HPを上げ、
さらに火耐性の上がる装備を身に着けておけば
突進を避け損ねても即死はしません。

積極的に近づいても来ないので、立て直しも容易です。
私は突進毎回食らってましたが><
2度目のチャレンジでそれほど苦労せず倒せました。


アメンドーズ
(呪われたトゥメルの冒涜)

こいつは、前述の「恐ろしい獣」の次に苦戦させられました。

一撃のパワーこそそれほどではないので、
ワンパンでやられるという事はあまり起こらないのですが、
いかんせん非常に硬く、HPも膨大。
輸血液がもつかどうかが生命線です。
私が倒したときには戦闘開始から30分経ってました。
残りHP1センチを削る時には、さすがに手汗が凄かったですね;
やり直すにしても精神的ダメージが非常に大きい……

攻略法としては、斜め後ろに常に陣取り、
しっぽ、足、腕をチクチク攻撃する、というのが多分セオリー。
部位破壊?すると(血がドシャーと吹き出すと)
その部分の防御力が減ってダメージが通りやすくなるみたいです。

飛び上がったらその場で動かずにいれば攻撃は当たらないので
着地を待ったうえで攻撃し、すぐに後ろ側に抜ける。
その動作を延々と繰り返すことになります。
持久力勝負の戦いですね(;´Д`)

倒したときは、思わず「ヤッター……」と後ろに倒れ込みました。
そのくらい疲れたし、キツかった……><

ちなみにアメンドーズにも、旧守の番人と同様、
天井にめり込むというバグ
(ジャンプして帰ってこない?)
があるそうです。私は幸運にも遭遇しませんでしたが、
残りHPわずかで見舞われたら、もう続ける気力無くなるかも知れません……

Bloodborne® The Old Hunters Edition_20190421204018.jpg


トゥメルの末裔
(トゥメル・イル)

通称「フンフンおじさん」
カインハーストにも同じような声出す奴いたなぁ。

こいつは銃パリィ主体で戦うのが吉。
連撃が結構凄まじいんですが、
恐れず前方・両手持ち攻撃がかするかどうかくらいの場所に位置取り、
奴が1発振ったのを見てから銃を撃つと結構パリィが取れる。
イメージとしては、2段目の出かかりを止めるような感じなので、
気持ち遅めでいいくらい。

一番狙いやすい攻撃は、
序盤であれば
向かって左上にゆっくり振りかぶって、
振り下ろしたのを見た後。

後半戦(二刀流になったあと)は、
左下に両手で構えてから振り上げてくるのを見た後。

文字や動画で見ても、
最初のうちはなかなか思い通りには動けませんが、
何度も何度も戦っているうちにコツがわかってきます。
何と言うか自分の上達を実感できるボスで、
普段あまり使わない銃パリィを存分に使えますし、
ああ、ブラボやってんなーって実感を
これでもかというほどに感じました。

備蓄していた弾丸約600発を使い果たすほどにやり直しましたが、
終わってみれば楽しいボスでした。

フィールドが細長く、柱がジャマなので、
引っかかって無駄に死なないよう注意してください(;´Д`)


トゥメルの女王・ヤーナム
(トゥメル・イル)

Bloodborne® The Old Hunters Edition_20190429213347.jpg

固定聖杯最後のボス。
あー、自分、良くここまでがんばったなーと思った。

基本、ヒット&アウェイ。
2発くらい殴ってすぐ離れるのを繰り返す感じ。
何しろ、ずっと近くにいると赤ん坊の泣き声がして
拘束されてしまうので、そういう立ち回りを半ば強制されます。

インナーマッスルが弱いというか、
殴るとすぐによろけてくれるので、
恐ろしい獣やらアメンドーズに比べればずっと戦いやすい相手。


どうしても勝てない時は、
ボス直前でNPC「女王殺し」を呼んでください。
基本的に、
ボス戦NPC呼ぶと、火力は一切期待できず、
ボスが硬くなるだけで利益がない事がほとんどですが、
女王殺し君に関しては例外で、とにかく笑っちゃうほど強いです。
後方から大砲ぶっぱなすのにはたまげました。

彼を盾にして、背後から溜め攻撃入れると体勢を崩すので、
女王殺し君のジャマが入らなければモツ抜きもできます。
モツ抜きができなくても、
後ろからガンガン殴っていればそれで終わりです。

このスーパー助っ人の存在。
ここまで頑張ってきたプレイヤーのために
フロムが用意してくれた最後の優しさだと思いました。

Bloodborne® The Old Hunters Edition_20190425210045.jpg


何とか聖杯もクリアしたので、
気分がいいまま
次回はDLCにチャレンジしてみたいと思いますヽ(^o^)丿





にほんブログ村
posted by はとみそ@灰になりまくり at 21:59| ダクソ/ブラボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする