2019年05月12日

【PS4】ニーアオートマタ(1) ウワサの2Bに会いに行く

さて、ブラボも無事終わったので、
次はどの積みゲーを崩そうかなーと思案。

前にちょっとやりかけていた「マフィア3」は、
ブランクを置いて再開してみたら、
システムも操作方法も全く思い出せず、
短時間で瞬殺されるばかりで
これはもう片手間でやれるゲームじゃねーなとw

かといって、ブラボを終えた後でああいう厳しめのゲーム
……しかもステルスっていう超苦手ジャンルを
ガッチリとやり込んでいくのは不可能に近いので、
当面の間は積んでおくことに決めた。
世界観は好きなので、いずれ必ずやるけど!

やはりブラボ疲れがあるんで、
ちょっとライトな感じで遊べる奴がいいなーと思いましてね。
ガチなオープンワールド系だと、ついついやり込んでしまって
それはそれで疲れるんで……(;´Д`)

とりあえず

ニーアオートマタ

ドラクエ11

ペルソナ5


この3本をピックアップ&インストールして、
序盤のチュートリアル部分だけをそれぞれプレイしてみました。


うん



(*'ω'*)



NieR_Automata_20190506180705.jpg
まずはニーアだね、これは

一番、スッと熱中できたのはニーアオートマタでした。

ネット上でまとめサイトなんか見てると、
かなりの頻度でタイトルを目にしていた作品で、
「ウィッチャー3」然り、
ネット上で評判がいいゲームに外れは無いと思っているので、
プレイするのを楽しみにしてた一本です。

所謂サイバーパンクって言うんですかね、こういう世界観。
普段あんまりSFモノってやらないので、
結構新鮮な感じがしますねー。

起動前のロゴ見覚えあるなと思ったら、
ベヨネッタと同じ開発会社が作ってるのかな。
確かにドロップアイテムの感じとかはベヨネッタと一緒だわ。

ハードモードクリアも必須だったベヨネッタと違って
イージーモードで進めてもトロコンに影響が無いようなので、
このままイージーでヘタれプレイします!!
いいよね、ブラボは頑張ったから!!

NieR_Automata_20190506123325.jpg
あれ、コレ、アクションRPGじゃなかったっけ;;


プレイ開始直後から、
いきなり始まるシューティングゲームに戸惑う。
ダンジョン攻略してると突如2D視点になってみたり、

NieR_Automata_20190507211019.jpg
何の説明もなく、習っていない操作を強要されたり

まぁ、こういうゲーム制なんですね。
ちょっと理解してきました。

イージーモードだと、
攻撃や回避がオートになる機能を使えるんですが、
個人的には近接のオート攻撃はいらないかなという感じ。
敵がいるとドロップアイテムを拾いに行けないのと、
ここまでオートにしちゃうとさすがに
ゲームとしての楽しさが皆無になってしまうよね(*´Д`)

オート回避で視点がグルグル回るのも苦手なので
こっちもいっそ切ってしまおうかと思ったけど、
さすがに一気に死にかけたのでヤメタ……

NieR_Automata_20190511110040.jpg

んで、この子が噂の2Bね。
かわいい(*´з`)

日本人好みのデザインですなぁ。
これが洋ゲーだったら、体格がもっとゴツくて、
もっと半人半機械みたいな感じになってるでしょうね。

超個人的な意見を言うと、
ぱんつは、黒の方が好きだったなぁ。
いかにもぱんつっぽく見せるより、
レオタード的な、アンダーウェアとして見せた方が
オシャレな気がするんだけどね。色合い的にも。
まぁ、白い方が、男子諸君の心はくすぐるのかも知れないけど(*´Д`)

この2Bが主人公なのかと思いきや、ショタっ子の9Sもいるのね。
複数周回前提のゲームという情報はとりあえず入れているので
いずれはプレイヤーキャラチェンジとかある感じかな?
同じ物語を視点を変えて……みたいな感じで。

自分、物の見方が穿ってんのかも知れんけど、
とりあえずこのショタ君……
裏 切 っ た り し な い よ ね ?
結構ゲーム界で裏切り経験してきてるから、
なんか「いい人っぽい人」ってあんま信用できないんだよ……。


まずは攻略情報見ないで進めるつもりですが、
とりあえず1周目は何も考えずに気楽にやってみるとしましょう。



……にしてもコレ……

初めてみて数時間の感想ですが

ゲーム内容が云々よりまず

移動がタルいなーーーー!!!

途中敵と遭遇することなく
ひたすら長時間移動させられるってキツいです。

マップも見難いし
この状態でクエとかやるのとか、結構な苦行じゃねーか?

なんか先が思いやられるんですが;;

そこは、国産ゲームであることを信じてもいいよね??

NieR_Automata_20190509192653.jpg

これはそうと、「モヤさま」好きにはピンとくる
このアクセスポイントのフォルム……

まさしくあの、伝説の1000円自販機やんけ!!

こういう遊び心好きです(*´Д`)





にほんブログ村
posted by はとみそ@灰になりまくり at 16:42| PS4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月05日

【PS4】ブラッドボーン 狩人生活ついに終焉……DLC&本編クリア、トロコン達成

いきなり関係ないけど、FF14とうとう解約した。
一応次回の拡張ディスクの情報も見てたけど、
なんか色々自分の好きなFF14からかけ離れてきた気がしたので、
もういいや!って思っちゃった。
一番の要因は、24人レイドに野村氏が関わってきた事かな。
あの人が作るキャラとか非常に苦手なので、
なんかゴメンナサイって感じで解約ポチ。
PCもゲーム用じゃないから、どのみちプレイできんし。


そして本日のお題。

終わっちゃった……
終わっちゃったよ、ブラッドボーン……

Bloodborne® The Old Hunters Edition_20190505205158.jpg

DLCも含め、全トロフィコンプ致しました。

あー、なんだろうな。
ダクソ2の時も、ダクソ3の時も思ったんだけど、
フロムのゲームトロコンすると、
なんか心の中が空虚な感じになるんですよね(;´Д`)

ずーっと気合入れて、集中してやってきて、
やってる最中は「さっさと終わらせて別の積みゲーやりてー!」
って思ってるんだけど、
終わっちゃうと凄く残念な気持ちになってしまう。
全般的な感想はまた後程書きますが、

ブラッドボーン、面白かったです!!



〇 DLC「The Old Hunters」について

Bloodborne® The Old Hunters Edition_20190505210410.jpg

いつだかの記事で、
DLCは難易度高いだろうし、最後までやり切る自信ないなー
みたいな事を述べていたと思うんですが、

固定聖杯クリアした後だと、
ぶっちゃけDLCはヌルかったです。
道中、ボス含め。(もちろん1周目限定ですが)
聖杯の4層とイコールになるくらいかなぁ?

固定聖杯を攻略する過程で、
本編で手に入る物より強い血晶石が揃ってましたし、
何よりレベルが、130超えてましたんで、
そうなると、主要なステータスってほぼほぼ上限に行ってるので。
乱暴ではあるが、力押しで行けてしまいましたね。

聖杯より先にDLCをやってると、
逆に聖杯が楽って感じるかも知れません。
ただ、血の意思が聖杯に比べればメチャメチャしょっぱいです。

狩人の悪夢、実験棟、漁村、と3つのエリアの中で、
全ての敵をひっくるめて最強だと思ったのは
漁村の出るこの巨大サハギン?(何と表現したらいいかわからない風貌)

Bloodborne® The Old Hunters Edition_20190505210203.jpg

こいつの対処法がイマイチわかりませんでしたね。
突進からの連撃が凄まじいですし、
聖杯を超えてきた私であっても、とにかく一撃一撃が重い。
不用意にステップしても簡単に刈られるし……

こいつが、漁村の序盤にある井戸を下った先に2体出るんですが、
この場所は、このゲームでも3本指に入る難所だと思います。
1体でも強いこいつを2体同時に相手するとか無理ゲー過ぎます。

私は「祭祀者の骨の刃」を使って同士討ちさせて切り抜けたんですが、
このアイテムはダガーみたいに投げつけるんじゃなくて、
持って切りつけなきゃいけないので、
正直アイテム使うのすらリスクが高いです。

この井戸の中には武器が一つ置いてあるだけで
後はこれといったメリットが無いので、
死を覚悟で武器だけ回収するのがいいかも知れません。

Bloodborne® The Old Hunters Edition_20190504225918.jpg

「時計台のマリア」さま。
DLC同梱版のパッケージのお方がここでやっと登場。
ネット上でよく言われてる事ですけど、このお方
プレイヤーをパリィする事はあっても、
なぜか本気で殺してこないんですよね。

体力ゲージ半分で体勢崩されたら、
誰もがおそらくは死を覚悟すると思いますが、
1センチくらい残してくれた……(*´Д`)
ひょっとして、あんまり技量に振ってないタイプ?

倒れて、YOU DEADが出ずに立ち上がれた時、
「オレ、生きてる!!」って頭の中で叫んでしまいました。



〇 そしてやっとこさ迎える、本編エンディングへ

Bloodborne® The Old Hunters Edition_20190505201039.jpg

準備が整ってからずっと後回しにしていた本編エンディング。
もちろん1周で全てトロフィ回収するため、
オンラインストレージを利用しての連続攻略を行いました。

まぁ、フロムのゲームには求めていない事だけど、
3種類のエンディングを全て見たところで、
何かが明確に解決するってわけじゃないです。
逆に謎が深まるというか……
基本的なエッセンスは、ダクソと一緒ですねぇ。
同じ世界がまた繰り返されるか、
一応解決はするけども、まだまだ終わりじゃないかも?? な感じか。

最高条件で迎えるエンディングが
なんか一番救いが無いような感じもしたんですが……。
雰囲気的には、2番目のエンディング
(3本のへその緒を使わないでボス倒すパターン)
が、一番好きだったなぁ。あれもあれで救いは無いけど。


〇 狩人生活を終えて、全般的な感想。

Bloodborne® The Old Hunters Edition_20180716104638.jpg

プレイし始めの頃からずーっと残念に思ってたのは、
ロード時間が異様に長いことですね~
灯りから別の場所の灯りへ直接移動する事はできず、
必ず一度狩人の夢を経由しなければいけないんですが、
その割にロードが長いでしょ……。

ゲーム自体のスピードは早いのに、
移動のたびに強制的にブレイクを入れられるっていうのは
ちょっとウンザリでしたね。
あ、カレル文字付け替えなきゃ!って思っても、
戻るの面倒だからいいや!って。

そのロード時間の長さがタマにキズではあるんですが、
ゲームとしてはもう、本当に楽しかったですね。

トロフィも1周でコンプできて、ダクソと比べても楽だったし。
ゲームそのものの難易度としては、
ダクソと比べて極端に難しいとか簡単だとかは無いです。
どっちが得意か、苦手かってレベルの話。
特にダクソは2と3でプレイ感覚大分違うから。

パリィは取りやすい。
パリィ取る事前提に作られてるようなボスや敵もいくらかいるし。
近づかなきゃいけない盾パリィより、リスクが小さいのもいい。
これぞブラボ!なアクションでもありますしね、
ダクソでパリィほとんど使ってなくても、
ブラボでは是非使えるようになったほうがいい。
この感覚に慣れちゃうと、すぐダクソに戻るのは難しいかもだけど:

ブラボに関して言えるのは、
難しいけど優しい!ってこと。

強敵なんかがいる難所でも、
何らかの逃げ道が用意されてることも少なくない。
地形利用して逃げるとか、消費アイテムを活用するとか。

だいたい、序盤から回復20個使えるのはかなり優しいですよ。
ザコのドロップ率が高いから稼ぐのも簡単だし。
確かにガスコイン神父は強いけど、
潤沢に回復アイテムが使えることを考えれば、
難易度的にそんなに難しくないって事になる。

リゲインっていう要素もあるので、
どんどん攻めていけますし。
(攻めまくるだけじゃ、やられるのがフロムゲーですが)
ダクソみたいに回復手段が限られていて、
アクション苦手だとどうしても守りに入ってしまうプレイとは
全然違うスタイルで遊んでいける。

どうしてもアクションが苦手なら、
マラソンしてある程度までレベル上げちゃえばいい。
オンラインプレイが好きな人なら白呼べばいいけど、
自分は「白いないから攻略できない」って状況を作りたくないので
マラソンしてレベル爆上げするタイプです。
HPと火力上げちゃえば中盤以降は大分楽になります。

縛れば激ムズになるし、
やり方次第ではある程度ヌルくもできる。
そういう攻略の仕方もできるゲーム。

武器は結局、初期装備の獣狩りの斧&獣狩りの短銃で通しました。
超限定的に獣狩りの散弾銃使ったこともありますが、
基本は初期装備のまま。

斧は鈍重ではあるけど、ストッピングパワーがあるので
ガンガン攻撃して進めるっていうプレイスタイルにも合ってるし、
両手持ちタメ攻撃で敵を吹っ飛ばせるのも難敵相手には役立った。
クセが少なくてかなり使いやすい武器でした。
本当は剣とかもちょっと使って見たかったんですが、
それは、次回またやる時が訪れた時に。

剣と魔法の世界が好きな私ですけど、
こういうスタイリッシュな世界にもハマりそうです。
モーションとか演出とか、いちいちカッコいい。
装備も、どれ着ようか結構迷ったり。

ダクソシリーズは終わっちゃったけど、
ブラボ2とか、いつか出るんですかねぇ?
待ち望んでいる人はたくさんいそうですけどね。
発売されたらもちろん予約してでも購入しようと思いますが!

その前に、次のフロムゲーはダークソウルリマスターだな!

とはいえ、さすがにこの手のゲームを連続プレイするのは疲れるので、
ちょっとお休みしてから、また手を出してみたいと思いますヽ(^o^)丿







にほんブログ村
posted by はとみそ@灰になりまくり at 22:18| ダクソ/ブラボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする