2019年03月26日

【PS4】ブラッドボーン 狩人生活10日目 ラスボス直前まで終了(;´Д`)

ウワサのセキロー、とてもとても難しいらしいですね。
和風ダクソ的なゲームなのかと思いきや、
全く趣の異なる感じに仕上がっているようで、
……となると逆に、ダクソやブラボを知らないほうが、
すんなりと新しいアクションに入っていけるのかも知れませんねー
人のプレイを見ている感じだと、
格ゲーとか、あとボタン操作が複雑なアクションをやり慣れてる人は
早いうちにシステムに順応しているように見えます。

ファミコン時代って、
クリアできないゲームってたくさんありましたよね。
クソゲーだからってんじゃなく、普通に難度が高くて無理という
「高橋名人」とか「ロックマン」とか……
そもそも、1日2日でクリアするもんでも無いでしょうし。
大人になってやっとクリアしたって人も少なくなさそう。
そんなゲームが現代にもあっていいかも。

どうやらレベルを上げて、火力で押して倒すという、
アクション苦手勢の最後の砦が用意されていないらしいので、
自分では永遠にプレイすることはないと思うけど(*_*)
その分各実況動画で楽しませてもらいます。
人のプレイを見て楽しいタイプのゲームは久しぶりかも。

Bloodborne® The Old Hunters Edition_20190324170516.jpg

さて、そんな最中に週末はガッツリブラッドボーン。

まず今回は聖堂街上層からスタートします。
ここは、エリアとしてはそこそこ散策しがいのある場所でした。
やっぱり建物の中の方が、
扉を開いたときに「あ、こことここが繋がってたのね」っていう
喜びを感じやすいので、楽しいですな。
地形が明らかに違うから、どこを巡ったかも覚えておきやすいし。

久方ぶりに姿をみる獣が若干鬱陶しかったですが、
ほとんどの場所で、扉の向こう側に挟めてしまえるので、
不用意な行動さえ取らなければ安全に駆逐できますし。

Bloodborne® The Old Hunters Edition_20190323192102.jpg

脳みそチューチュー攻撃はひたすらにウザかった。
気が付くと、30近くあったはずの啓蒙が12とか(;´Д`)

ここのエリアの序盤で、鎮静剤が買えるようになる狩人証も手に入るし、
悪夢の辺境の前に聖堂街上層に来るのが、
適正な攻略順だったかも知れないなぁ。

中ボスは、星界からの使者
ザコを延々呼び出してくるだけのクズでした。
こいつを倒してボス部屋の灯りを灯した後、
一体どこに行けばいいのか随分迷いましたが、
灯りのすぐそこにある窓を割れば先に進める……って、

これ、ノーヒントじゃわからんくない??;;

私がニブいだけですかねぇ?
確かに窓の感じは怪しさバリバリだったけど、
近づいてもメッセージも何も無いし。
ダクソだったら、壁殴らないと出てこないタイプの隠し扉が結構あったんで
怪しいところがあったらとりあえず殴ってみるって事はしてたけど……(;´Д`)


エリアのボスは、星の娘、エーブリエタース
ずっとエーブリエスタースだと思ってた。

しばらくの間ボス戦で結構楽をしてきただけに、
普通に強いボスでした。
こっちのレベルも大分高かったけど、
とりあえず、単純なゴリ押しは効かなかった。
基本的に、寄り道エリアの敵って強いですからね……
体力が高いのと、被ダメがかなり大きいので、
周囲をぐるぐる回りながら、ちょこちょこ殴っていくっていう
セオリー通りの戦いを丁寧にやるしか無い感じ。

ここのフィールド、足元が水になってるんですけど、
石の残骸みたいな微妙な凹凸が沈んでいて、
不用意に動くと結構足を取られてしまう。
ガスコイン神父の所で墓石に挟まるアレと一緒ですね。

特に怖いのが突進攻撃を受けた後で、
この時にフィールドの端っこ側に飛ばされてしまうと、

カメラがあまりにボスに寄り過ぎてしまって自キャラが見えなくなり、

肝心の自キャラは水の中に隠れた凹凸に挟まって動けず、

そのまま殴られてお陀仏

……ってのが数回あったので
ボス本体以上に足元・周囲に目を配った方がよさそうです。

Bloodborne® The Old Hunters Edition_20190323202721.jpg

最後は結局相討ちで辛勝……
こっちが先に削り切ってたんだけど、
敵の絶命モーションと同時にレーザーかまされました。
ドロップアイテム表示されて、トロフィも取れてたけど、
画面は「YOU DEAD」表示だったので、
まさかやり直しになるんじゃないかとドキドキだった……;;

そういや、
こいつとやりあう前に、間違えてNPC白を召喚してしまったのですが、
敵の真ん前で回復?のような術を使うイカれっぷりで
相変わらず全く役に立たず、序盤で沈んでいました。
PS4版のダクソ2とか、ダクソ3の感覚でいると、
ブラボのNPC白は本当に無能揃いです。
苦しい時は頼る事も考えてましたが、
そういや、結局のところ一回も使ってませんでしたねー。

Bloodborne® The Old Hunters Edition_20190323220519.jpg

メンシスの悪夢
ここが、ブラボのメインストーリーの実質上のラストダンジョン
ラストに相応しく、平均以上にレベルを上げていても、
力だけでは抜けられない骨太なエリアになってます。

まず、平均的に敵が硬い。攻撃も痛い。そして色々嫌らしい。
ショートカット自体はあちこちにたくさんあって、
それほど長い間進まなくても灯りに戻れるんですが、
その短い間に詰め込まれている要素がキツすぎる。

そして一番ツラいのは、建物内が異様に暗いこと。
聖堂街上層なんかもそうでしたが、
ここはあそこ以上に真っ暗です。
獣狩りのランタンなんて何の役にも立ちません。
常時片手に松明持ってないと、穴ポコに落ちて死にます。

暗い雰囲気を作りたい演出上の理由はわかるんだけど、
度を越して暗すぎるってのはどうなのかな。
ディスプレイの明るさを上げても、
ディスプレイを壁に向けていても、
日中(自然光が部屋に入ってくる状態で)プレイすると
松明持ってたって画面ほとんど見えないですから。
ゲーム内容云々より、
見えそうで見えない事にイライラさせられた部分はある。

Bloodborne® The Old Hunters Edition_20190326190837.jpg

走って逃げる局面も多かったです。
基本的には全部の敵を駆逐して進みたい自分には
何となく許し難い行為だったのですが、
全部を相手にしていると、
いくら輸血液があっても足りないので、仕方ありません。

発狂脳みそ×3とか、もういくらなんでも無理過ぎ;;
あいつらの対処法が未だにイマイチわからない。
つかみが来るときに銃パリィできるらしいんだけど、
大概相打ちになってしまうんだよなぁ。
相打ちという事は撃つのが遅すぎるんでしょうけど……
ここで結構強い血晶石取れるらしいので、
楽に倒せるなら稼ぎ場所としては悪くないんですけどねー;

そういや、カレル文字+啓蒙下げ+灰装備一式
発狂耐性は目に見えて上がりました。
普段はオシャレ重視で選んでしまう装備ですけど、
耐性もなかなかバカになりませんね。

Bloodborne® The Old Hunters Edition_20190326191006.jpg

ボスに向かう終盤、
ブタ×3とヤーナムの影が数人いる辺りは、
稼ぎ場所としてかなりおいしいですね。
輸血液稼ぎと血の意思稼ぎを両立できる好狩場。
後半戦はあんまりドロップしないからな~輸血液。

Bloodborne® The Old Hunters Edition_20190324215430.jpg

中ボスは、悪夢の主・ミコラーシュ
ハッキリ言わせてもらいますが、コイツ、
クソボス・オブ・ザ・ブラッドボーンですわ。

まずは、フィールドを逃げ回るのを追い詰めなければいけませんが、
初見だと何をどうしたらいいのか全くわからない。
一応ボスの姿を見つけたら追いかければいいとは考えますが、
途中で鏡の中に飛び込んで行方がわからなくなります。
行く先々でリゲインも効かないザコに無駄に消耗させられ、
やっと追い詰めたと思ったらレーザー攻撃みたいので瞬殺させられて。

どこへ追い詰めるのか、どこへ行けばいいのかは
何度も死んでいるうちにわかってきますが、
慣れるまでは一つのプロセスに10分~20分を使うわけで、
とにかくストレスばかりが溜まっていきます。

そこに拍車をかけるのが、奴を追いかけている間に聞かされる

アッフウウゥゥゥゥゥ~~~ン(*´Д`)

という気持ちの悪い喘ぎ声。
プレイヤーに対する精神攻撃までしてくるとは参りました。
3回殺されて、これを聞かされた時には、
ブラボやってて、初めてコントローラを投げたくなりましたねー。

ちなみに、こいつの本体自体は強くはない。
普通に近づいて、横や後ろに回り込むように動いていれば
触手みたいな攻撃はまず当たりません。
レーザー攻撃みたいのは、近づいていれば使わない?
離れている時に2連射して来たことがあるので、注意は必要だけど。
その時は運が悪いと思って諦めるしかないか?


エリアボス メルゴーの乳母

Bloodborne® The Old Hunters Edition_20190324215312.jpg

こいつもエーブリエタースと同じで、普通に強いボス。
ただ、こっちの方が一撃の火力は低く、
動きへの対処もしやすかった。

何といっても、基本背中ガラ空きなんですよね、コイツ。
終盤のボスがこんなに隙だらけでいいのかっていうくらい。
暴れてる時は少し距離を離した方が安全ですが、
ゆっくり腕を上に振り上げるような動作をした時は、
走り込むなりステップして避けるなりすると
簡単に背中側に回ってしまえる。

とにかくひたすら後ろに回るっていう動作をしていると、
攻撃範囲の広い攻撃をちょっと食らったとしても、
吹っ飛ばされたり、致命傷にはなりにくいですし。

厄介なのは、画面が暗転した時。
姿自体がよく見えない上に、
突然近くにワープしてきたり、突っ込んできたりするので、
動きが読みにくい。

分裂して2体になっているので、
安易に攻撃しようとすると、
1体目の攻撃をカスったスキに2体目にボコボコにされたりとかしますし。
(お約束のように、2体目はカメラを遮るように現れるし)

どうやら時間経過で暗転解除されるようなので、
もう、画面が暗くなったら諦めて逃げ回る事に徹するのも
策としては悪くないんじゃないでしょうかね。




……さて、そんなこんなで、
ようやくラスボスまでの道筋が全て終わりました。
現時点で取れる秘術、カレル文字、武器も全部収集済み。
ジェスチャーも集めたけど、
今回ジェスチャーってトロフィ対象になってないのねw

まぁ、いつでもラスボス突入は可能な状態になりましたが、
ここで一旦メインストーリーはお休みして、
ちょっと寄り道

ブラボの醍醐味である 聖杯ダンジョン で遊びたいと思います。

どちらにせよ、プラチナトロフィを取るためには、
聖杯ダンジョンの中で取って来なきゃいけないアイテム、
そして倒さなければならないボスがいます。
全てをやり尽くす必要こそないと思われますが、
スルーというわけにもいかない。

+10武器も取れ、レベルもある程度上げて、
メインを終われるだけの強さは得ていますが、
聖杯巡ればもう少し底上げできそうですし。


DLCに関しては、やるかどうか迷ってます。
自分がやってるのは「DLC同梱版」なんですが、
トロフィは、本編部分とDLC部分で別れているんですよね。
ダクソ2のPS4版は、DLC部分も含めてのプラチナだったから、
やらなきゃいけない最低限の部分だけ何とかやりましたが、
ブラボに関しては、プラチナを取るだけなら、DLCはやる必要が無い。

正直、本編を遊んできた感覚として、
DLCはかなり難しいと見ています。
まぁ、フロムゲーのDLCはどれも全部難しいですけど。
今からさらにマラソンなりなんなりして自キャラを強化しても、
それほど楽ができない程の難しさはあるんじゃないかと。
ボスなんか、当然相当強いでしょう。
そこまで頑張れるか?自分??という感じなのです。

まぁ、聖杯遊びながらもう少し悩んでみるとしますか。




にほんブログ村
posted by はとみそ@灰になりまくり at 19:30| ダクソ/ブラボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月23日

【PS4】ブラッドボーン 狩人生活9日目 ヤハグル~悪夢の辺境 数の暴力に泣く

Bloodborne® The Old Hunters Edition_20190323131836.jpg

世間はセキローで盛り上がっていてもブラッドボーン。
中断が長かったとはいえ、
やり出せばやっぱり楽しいよブラッドボーン。
ドラゴンボーンも楽しかったけど。


さて、本日はまず隠れ街ヤハグル後半部分の探索から。

ここは前回「人さらい」に連れられて訪れた時、
ろくに探索を行わないまま
無駄に初見でボス(黒獣パール)を倒してしまったため、

再訪するための灯り 

後の後半戦のために開けておくべきショートカット


をスルーしてしまったエリアでした。
それが、どのくらい影響を与えてくるのか、
戦々恐々としつつ進んで行きます。

しかしここ……

今までのエリアだと、敵の配置とか強さなどが
絶妙~なバランスで設定されていたと思うんですが、

Bloodborne® The Old Hunters Edition_20190323131650.jpg

Bloodborne® The Old Hunters Edition_20190323131609.jpg

とうとう来たよ、数の暴力。
やっぱりブラボにもあったかー……
しかも召喚者を倒さない限り、ザコはいくら倒しても復活するという

その召喚者も、最初の1~2体こそアッサリ見つかるけど、
その後は、わかりにくい場所に隠れていたり、
結構な寄り道をしないと辿り着けなかったり……

復活する前に逃げるか、さっさと召喚者を見つけて叩くか
どちらにせよ焦りと緊張ばかり強いられて全く楽しくねー;;

そしてエリア中盤「ヤハグル教会」から少し進んだところにいる
3人の狩人。
もう、人型3人とかやめてくれってー;;

先の前半戦で開けておくべきだったショートカットを使うと、
こいつら3人を完全スルーして進めるらしいんですね。
倒すことによるメリットは特に無いので、
開けれるのであれば開けておくべきでしたねー、やはり……

それでも、そこは微妙な優しさも見せるフロムソフトウェア。
こいつらの対処法も一応用意(?)してくれているらしく

Bloodborne® The Old Hunters Edition_20190323172047.jpg

気づかせて釣って「ヤハグル教会」の灯り付近まで引っ張ってくると、
なぜか壁に引っかかって小部屋に入ってこない。
姿を見せすぎると入ってくる事もある
そこを壁越しにバンバンやればそのまま殺れてしまう。

ただし、いくら壁越しとはいえ、
こっちの攻撃が届くという事はあっちの攻撃も届くので、
あんまり調子こいてがっつくと、
雷光でビリビリやられて返り討ちに遭いますが……(遭いましたが……;)

これで付いてきてくれるのは大方二人で、
残りの一人(剣盾持ち)は元の場所に引き返してしまいますが、
こいつは3人の中で一番クセが無くて戦いやすいので、
こいつだけはタイマンなら問題なく倒せるはず。

とりあえず、ダクソ3大書庫の終盤で襲い掛かってくる
3人よりは格段に弱いし、地理的にも恵まれているので、
灯りの近くで一人ずつでも処理できれば何とかなります……

ボスは再誕者

Bloodborne® The Old Hunters Edition_20190323131957.jpg

いやー、人型の敵は大嫌いな私ですけど、
四つ足の敵は大好きなんですよ。
攻撃しやすいように手を伸ばしてきてくれるから。

一番ダメージが通る本体部分は、普段上にあって届かないんですが
黒獣パールと一緒で、
前足をチクチクやっていればそのうちダウンするので、
そうなったら前に回って本体殴って終わり。
パールの時と違うのは、ダウンした時に両腕がジャマになって
前に回るのがちょっと難しいことですかね。

戦っていると周囲から火の玉が飛んでくるんですが、
どうやら左右の上段にババァが潜んでいて、
連中は上に登って倒してしまえるらしいです。

本当は先に倒しておくべきなのでしょうが、
火の玉自体の火力もそれほどなく、
こちらの火力が圧倒的に上回っていることもあって、
存在を無視してゴリ押しできました。

ただこれはあくまで1周目だからの話で、
2周目以降となると、この火の玉と、
ゲロ吐き攻撃がかなり厄介になってくるのかなと。



お次は教室棟へ。
ここは単なる通過エリアですね。
途中、窓に張り付いてるクモを先制攻撃で倒そうとしたら、

Bloodborne® The Old Hunters Edition_20190322212423.jpg

なんと、おなじみパッチだったわww
こんな姿になっちゃってまぁ……

選択肢の「許す・許さない」の意味がイマイチわかんなかったけど
(出会ったのは初めて?だと思うんですが)
次のエリアである「悪夢の辺境」で
ガケから突き落とされた事を言ってんのかな?
だとすると順番が逆だから、もっと早くそういうシーンがあるはずだった?
扁桃石でアメンドーズに食われた事かな?
どうもブラボはね、サブイベントの絡みがわかりにくいんですよね……


そして教室棟から悪夢の辺境へ。

Bloodborne® The Old Hunters Edition_20190323131328.jpg

数の暴力エリアである隠し町ヤハグルをようやく抜けたと思ったら
今度は毒沼に発狂ですか;;
こういうだだっ広いエリアって、探索しても全然楽しくないんですよ。
どこ歩いたかわからんくなるし、そもそも繋がりがわかりにくいし、
マップも道標解説も無しにショトカ開けた人凄いな。

ここでは久しぶりに2ケタ死んだ
転落とか、普通に敵に殺されるとかならまだいいけど、
毒沼の毒とか、発狂死とか、
死に方としては理不尽な感じなので、どーも気分が……。

心が折れるほどじゃないけど、
楽しくないエリア2連続させてくるとか、もう泣きたくなってきました。
ダクソ2を象徴するクソエリア・アマナの祭壇の再来です。

現段階では、発狂を治す鎮静剤を購入できないのが辛い所。
道中で拾ってきた10個と輸血液ガブ飲みで何とか事足りましたが、
その分、かなり細切れでエリア探索をしなきゃいけなかったです。
敵も回復アイテムドロップしないようだし。

ここで初めて「啓蒙」の存在を意識したんですが、
啓蒙が高いと発狂の耐性が下がるとか。
そもそも、啓蒙って、高めておく価値あるのか?
さすがに0にまでなると人形さんと話ができなくなるかも知れんけど
オンラインで白呼べなくなるって程度でしょ?
オフライン勢には全く無関係だし、
啓蒙ショップのラインナップも大したことないし、
装束を全部買っても全然使い切れないですしね。

ここを攻略する時は、カレル文字で発狂耐性を上げたうえで
啓蒙を下げておくと楽になるかも知れない。
途中でそれに気づいて、啓蒙を20くらいまで減らしてみたんですが、
確かに発狂の耐性は結構上がってた気がしましたね。

どっちも、というわけにもいかない毒と発狂の耐性
どちらを取るかとなると、
毒はもう、治しても治してもキリはないし、耐性つけたところで焼け石に水だし、
やっぱり即死の危険性がある発狂が優先という事になるのかな。


ボスはアメンドーズ

Bloodborne® The Old Hunters Edition_20190323131505.jpg

そういえば、初めて聖堂街に入った時、
お宝につられて脇道に逸れていったら、
いきなりブラックホールみたいのに吸い込まれて
死んだことがあったんですが、
どうやらコイツが犯人だったらしいです。
ようやく恨みを晴らす日が来ました。存在忘れてたけど。
思ってた見てくれとは大分違ってましたが(意外と生き物っぽかった)

こいつも、ダメージが通りやすい頭部部分は上にありますが、
頻繁に手を叩きつけてきてくれるので、
そこをバシバシ殴りつつ、
上半身全体を倒してきた時に頭を目いっぱい殴ってやれば
体勢を崩してくれるので致命が取れます。

たまに暴れるくらいで、大して嫌らしい攻撃も持ってないし、
度々自キャラの姿が見えなくなるカメラワークが最大の敵なくらいで、
後半戦の敵にしちゃ弱い部類なのかも?

まぁ、ここはとにかくここに至るまでのフィールドが厳しいんで
ここくらい許してくれよってわけで、
聖杯とトロフィゲットしてようやく終了。
あー、疲れた。

サブクエはもうほぼほぼ終了。
残るダンジョンは2つかな?
長かった狩人生活も、いよいよ終わりが見えてきました。





にほんブログ村
posted by はとみそ@灰になりまくり at 17:39| ダクソ/ブラボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月17日

【PS4】ブラッドボーン 狩人生活8日目 月下のリハビリ生活

Bloodborne® The Old Hunters Edition_20190310160114.jpg

随分間隔が開いたけど、地味にやっていますよ、狩人生活。

元々アクション苦手な身なので、
これ系のゲームやるには、それなりの気合って奴がいるんですよ。
かなりレベルは上げたし、もはやロストなど恐れる状態じゃないんですが
常時緊張状態でプレイしなきゃいけないので、
かなり疲れます、心身ともに(;´Д`)

その気合がしばらく入らなかったので、距離を置いていたんですが、
断じて挫折したわけではないので
トロコンに向けて、また頑張っていきたいと思います。

Bloodborne® The Old Hunters Edition_20190317093417.jpg

ゼネテスさん、お久しぶりです。
(ちなみに元ネタは一昔前のゲーム「ジルオール」シリーズの色男)


どこまでやったっけな~と思い起こしてみますと、
ヤーナムの影を武器の火力だけでゴリ押しして倒した所
で終わったんでしたね。
操作方法を忘れていたので、無駄に輸血液を消費しつつ、
まずはビルゲンワース。

Bloodborne® The Old Hunters Edition_20190317093611.jpg

リハビリにはちょうどいい、短いエリアで助かりました。
発狂状態ゲージを貯めてくる敵がいるんですけど、
それほど脅威では無かったなー。
特に耐性上げるカレル文字とかも使ってなかったけど
(というか、カレル文字も一つしか装備してなかった……)
発狂するほどダメージは食らわなかったですし。
ゲージがある時はちょっと待機して回復させりゃいいし。

ボスは、白痴の蜘蛛、ロマ

つか……大丈夫、このネーミング?

白痴って、確か放送禁止用語じゃなかったっけ……?
自主規制社会の日本でこういう言葉使うのって珍しいね。

Bloodborne® The Old Hunters Edition_20190317093744.jpg

初見の時は、本体の周囲に群がる蜘蛛の大群を見て、
苦手な1対多タイプのボスかーと、気持ちでひるんでいるうちに
蜘蛛に嬲り殺されていたのですが、
2戦目ではそう苦戦することも無く撃破。

基本的には、本体の横っぱらを殴っているだけで終わりでした。
若干厄介なのが隕石攻撃ですが、
予兆動作がシャケの産卵みたいなポーズで非常にわかりやすいので、
動作を見たらバーっと、本体の外周で円を描くように走れば
ほぼ全弾避けられました。

湧いてくる蜘蛛は、序盤こそ駆逐しておいた方がいいんでしょうが、
後半は無視して本体殴った方が早いかも知れない。
蜘蛛をやってる間に隕石落とされる事も多いし、
蜘蛛自体も硬くて攻撃力も高いので、
あんまり構わないほうが得策かも。


これで時間が「青ざめた血の夜」に変化し、
いよいよ物語も終盤。

次のダンジョンに入る前に、サブイベントをこなしておきます。

ヤーナム市街でギルバートを倒し、

聖堂街でオドンの住人と尼僧を始末、

最後に獣狩りアイリーンに会って会話し、NPC「カインの流血鴉」を倒す。



ダクソにも共通して言える事ですけど、
本当に苦手なんですよね、この、プレイヤー型の敵って。
いつぞやも女医ヨセフカで随分苦戦させられた事を思い出しますが、
この「カイン」も例に漏れず、異様に強い。

まず、動きが素早い。高い攻撃力。
刀みたいの持ってるんで、ダクソ3の「達人」を思わせる動きですね。
それから、散弾銃による発砲。その発砲自体のダメージも大きい。

一応、動きは何となくわかってくるんですよ、何度も死ねば。

スライディングの後に発砲する率が高いとか、

突進攻撃の後には多少スキがあるとか。

でも、何分素早いし、身体が小さいから攻撃をスカりやすい。
そして攻撃をミスったりすると発砲されて致命取られるので
本当に安全だと思える場面じゃないと、怖くて殴りに行けないんですよね。
殴りに行くなら、片手持ちでヘタにパリィを狙いに行くよりは、
リーチのある両手持ちの方が安全な気がしました。

数十戦頑張ってみましたが、
HP残り3分の1が最高記録ってところでしたね。
これはもう、さすがに挫折レベルかと。
ダクソ3時代の「嵐の王」でも同じくらい苦戦しましたが、
あの時以上の絶望感を初めて感じましたよ。

ただ見てると、戦ってる最中にたまに
スリップダメージ受けてるような感じがあるのに気が付きまして。
ひょっとして、逃げ回ってたら、殺れたりする??なんて
狩人にあるまじきチキンな思考が頭に浮かびました。

プライド? なにそれ、おいしいの?(´艸`*)


Bloodborne® The Old Hunters Edition_20190317093824.jpg

もちろん、やりましたよ、チキン戦法。
こっちからは一切手を出さず、ひたすら逃げ回る。
すると、武器を両手持ちしたときに確かにダメージを受けてました。
そこからジワジワと数百ダメージくらい。

輸血液も使ってきますが、一度きりらしく
そのうちHPが残り4分の1くらいになりました。
が、それ以降は両手持ち攻撃を全く使わなくなったので、
どうやらスリップダメージだけで自滅させることはできなさそう?
4分の1くらいなら何とか頑張れそうなので、
あとは最新の注意を払いながらチクチクダメージを与えて
何とか何とか倒しましたが……
毒ダガーとか持ってればそのまま自滅させられたかもですね。

Bloodborne® The Old Hunters Edition_20190316192420.jpg

こいつ、自分が人間型の敵を苦手としてる事を差し引いたとしても
かなり強い部類に入る敵だと思うので、
多分スリップでHP減るようになってるのは、
開発の思いやりによる仕様なのかなと思うんですよね。
ブラボって、意外とそういう優しさが散見されるゲームでしょ。
輸血液潤沢に使えたり、稼げる場所が用意されてたり。

その割に、序盤のガスコインはキツいと思いますけど(*_*)
あいつに比べたら、ダクソ3のグンダも、ダクソ2の最後の巨人も
クソみたいなモンですからね……。

例えるなら

ダクソシリーズは、入学は楽だが卒業が難しいアメリカの大学

ブラボは、入学が難しいが卒業が楽な日本の大学

って感じなのかも知れませんな。







にほんブログ村
posted by はとみそ@灰になりまくり at 09:48| ダクソ/ブラボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする