2018年09月21日

はとみそ@北海道人 地震にすっかりやられました

 とはいえ、避難しなくて済んでいるだけマシだったと思います。

1537589677886.jpg

 東日本大震災の時以来です、このぶっとい見出しを見たのは……
 あんまり気持ちのいいもんではないですね。

 9月6日未明のあの地震……
 私の住んでいる場所は震度5(弱か強かは不明)だったようなのですが、
 本当に、凄い揺れでした。
 今まで、震度4までは経験あったんですけど、5はさすがに……
 
 ちょうど地震があった時間帯は起きてました。
 休暇中だったので、絶賛夜更かし中で、
 呑気に漫画なんか読んでて、さすがにそろそろ寝るかな~って思った矢先の事でしたね。

 これが直下型の特徴なんだと思うんですが
 いきなり突き上げるような感じでドン!と来ましてね。
 それから、家を揺さぶられてるような感じの揺れが始まって、
 飛び起きましたよ、さすがに。未経験の揺れ方だったので。

 で、テレビつけたらあの、緊急地震速報が鳴ってて、
 胆振の方で震度6強とか出てて。
 えーって感じで……なんか、現実感が全然無かったのが印象に残ってます。

 うちの地域は、地震そのものの影響は大したことは無かったんですよ。
 問題はやはり停電でしたね。
 地震から30分くらいしてから家じゅうの電気がパッツーンと切れて
 辺りはもう真っ暗。自分の手元すら見えないし。
 まぁ、停電自体は台風の時とかも経験ありますから、珍しくはなかったですけど、
 街中も全部(全道)でしたからね。原発動いてたらどうなってたんだろう;
 
 いちおう職場の規定で、ある程度の強さの地震があったら
 緊急参集しなければいけないので、
 とりあえず空が白み始める4時くらいまでは待って、
 それから家を出たんですが、
 早朝にも関わらず外に出てる人がめちゃめちゃ多かった。
 職場に向かってる人も結構いたのかな。
 カメラ持って歩いてる輩がいたのはどうかと思ったけどね。
 どう見てもマスコミ関係者には見えませんでしたが。

 信号も全部ダメになってたから、
 道路渡る時は怖かったですねぇ。車も譲ってくれてたけどね。
 あの時の車と歩行者お互いの譲り合い精神があれば、
 事故なんかなくなるんだろうな~とか思いつつ……

 夜が明けてからも、本当に異様な光景でしたよね。
 信号機も、街中も全部真っ暗っていう。
 日中も、店は全部閉まってるわけですよ。
 経済活動が全て止まった街っていう、なんか現実感の無い風景。
 すすきのですら時が止まってましたから。

 停電自体は、うちはその日の夕方には復旧したんですよね。 
 ただ、電気と物流が止まったことで
 お店からは食料品がほとんど消えてしまいましたね。
 一応水と米は大量に備蓄してたんで、食べる物に困るほどじゃなかったけど、
 タンパク質がややしばらく手に入らなかったのはツラかった。
 肉が手に入り出したのが、やっと、先週末くらいからだったかな……
 並んでまで買うのはイヤだったんで、
 ある程度余裕が出るまで待ってはいたんですけど。
 牛乳や納豆はまだまだ手に入りにくいですねぇ。大分入っては来てますが。

 しばらくの間節電をかなり厳しく言われていたので、
 ゲームもほとんどやってませんでした。やれないよね、心境的に;
 パソコンも最低限の時間だけ立ち上げるようにしてました。
 部屋の中は電気スタンド一つ。
 職場も、電気製品基本的に使用禁止で、廊下とかはもう真っ暗って言うw
 それでも節約2割には届かなかったんだから厳しいね。

 まぁ、今は省エネ家電が普及して、
 家庭は普段から、ある程度の節電体制にはなっていますからね、
 今以上に削るって言うのももう厳しい状態ではあるんですが……

 いやぁ、やっぱりね、備えって大事ですよ。
 大事だとは思っていながらも、
 正直、北海道は災害とは関係ないって思ってた自分がいましたもの。
 だから、幸運なことに今回に関しては即困る事は無かったとはいえ、
 非常時の備えとしては全然足らなかったと反省してます。

 やはり非常袋の一つは買って置いておくべきでしょうね。
 あとは、電池で動くラジオね。
 テレビなんかどうせ見れなくなるんだから。
 停電で情報ツールが次々死んでいく中で、ラジオの情報はマジで貴重でしたね。
 個人的に重宝したのは、わかめとか、ごぼうの乾物。
 スープとか、カップラーメンなんかに入れるだけで
 手軽に食物繊維が取れるので、悪食でも便秘予防になるじゃないかなぁ。

 ともかく、ここを見ている皆さんも、明日は我が身だと思って、
 非常時の備え、してください。
 非常時になってからじゃ、遅いですよ。本当に。


posted by はとみそ@灰になりまくり at 21:55| 日記/ゲームの思い出話など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする