2020年12月11日

【PC】FF11~12月のバージョンアップとアンバスケード2章とか

12月のバージョンアップが行われましたね。
11月は、「11の月」な割にキャンペーンもイマイチ、
ログインキャンペーンの景品もイマイチと、
地味~に終わった1か月でしたが、
その分12月は色々豪華な感じ(*´ω`)

blog1211_03.png

フェイスゲットキャンペーンもやっと来たー
やっと念願のシャントットIIも手に入りました。
今月で何とかフェイス86体にして、
エミネンスレコードクエストの「絆パワーですわ」ができるかな?
キッチリ数えていないけど、
アトルガンとアルタナミッションもこなし切らないと
ギリギリ足りない感じかなー;

blog1211_04.png

冬の育成応援キャンペーンでの
キャパシティポイント取得量アップも嬉しいね。
キャンペーン中に赤をジョブマスターにしたいけど、
それはさすがに夢見過ぎか???(;´Д`)

ジョブポイントを大量に貯めるには、
当然パーティ組んでそれなりの狩り方をした方が効率はいいわけですが、
かつてのメリポパーティのように、
装備や編成の縛りはやはりキツいようです。
とんでもないHPの敵をMBを駆使して倒すというのが主流らしく、
復帰者にはイマイチついていけそうにもありません。
というわけでソロ狩りでチマチマ稼いでいくわけです。

blog1211_01.png

個人的なオススメはオデシー(レベルに合わせてシェオルAかB)
そしてオーメンですかね。
所要時間はオデシーは1日1回30分、
オーメンは所謂「詰みルート」を使い、
3回分蓄積可能なトリガーを使って、一回1時間くらい。
平日、限られた時間でしかプレイできない環境では、
結構ありがたいコンテンツだったりしますね。
キャパポ指輪使って狩れば、
ジョブポ10くらいは稼げます。
キャンペーン中の今ならもっともっと稼げます!
ついでに、オーグメント用のドロップアイテムを売れば
ちょっとした金策にもなるので、一石二鳥(*´ω`)

エスカルオンや醴泉島でひたすら狩り続けるのも悪くないけど、
あんまり単調すぎると今度は眠くなってくるんだよねー……

blog1211_05.png

今月のアンバスケード。
ソロ専なので、基本2章しかやりませんが……

12月のお題はハートウィング
おともにアンブリルを呼び出してきます。

「むず」でも余裕だった10月、
ギミックを理解して倒せばボーナスもらえた11月
と、
比較的楽にホールマークを稼げる月が続いた分、
今月はちょっと難度が上がっているというか、
難度というより嫌らしさを上げてきてるというかw
とにかくやりにくさを感じます。

自分は赤をメインに攻略しているんですが、
このハートウィングの厄介なところは、
TP技で
赤の生命線である強化効果をほぼ全て切ってくること
です。
主戦力であるコンポージャー&エンを使えないのは非常にキツい。
そして、物理攻撃に対しても耐性が高めで削りにくい。

おとものアンブリルを呼び出すと、
味方のリフキンを呼び出してくることはわかった。
でも、リフキンにはスリップ効果が常時掛かっていて、
長期戦になると彼らは倒れてしまう。
前述のとおり、強化を切られるうえに、物理耐性が高い。

「とてやさ」でもなかなか勝てず、
どーしたもんかと手をこまねいていたところ、
意外なポイントで戦闘が急に楽になりました。

それは、

blog1211_02.png
今月の限定?フェイスである、
マツイPを呼び出すこと


彼を呼んでいると、なんか知らんけど凄く楽に倒せました。
(個人の感想です)
あれだけ「とてやさ」で苦戦してたのに、
ふつうに「ふつう」がクリアできました(個人の感想です)
忍術で与TPを減らしてくれてるのが影響してる??
正直、どうしてこんなに楽なのかわかりませんが、
とにかくマツイPがいるのといないのとでは天地の差でした。
(効果には個人差があります)
数戦やってみただけなので、
本当に効果があるのか確信を持っているわけではありません。
たまたま偶然だったのかも知れません。
……が、私は当面、彼の存在を信じて戦ってみたいと思いますw

公式HPの松井Pのコメントから察するに、
モンクで無双無念するのもいいのかなーとも思ったり。
モンク育ってないから検証しようがないけど……。
魔法フェイス多めで戦うのは、リフキンが巻き込まれて死んじゃうので、
個人的にはイマイチな戦法かと感じます。

今月は累計ホールマークでトークン装備もらえる月なんで、
できればホールマーク17000は稼ぎたいんですよ……
正月休みある分実質的に稼げる日数が少ないので、
これが突破口になってくれるとありがたいんですけどねー
posted by はとみそ@灰になりまくり at 23:43| FF11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月04日

【PC】FF11 復帰してやったこと~星唄ミッション

blog1204_01.png

ヴァナ復帰して最初にこなしたのが、
ヴァナディールの星唄のミッション。
これをクリアすることで、
経験値アップとか、フェイスの数が増えるとか、
プレイ中の様々な特典が得られるようになるので、
まずは復帰したら最優先で終わらせたい要素の一つです。

今までのミッションで登場したメインキャラが総出演で、
当然ネタバレ全開の内容になってますんで
気になる人は追加ディスクのミッションを
全て終わらせてからやった方がいいかもですが……
復帰者であれば、引退前に終わってた人がほとんどかな?
私はジラートとプロマシア以外ほぼ手つかずだったけど、
ネタバレ気にしない人種なんで、構わずやってました。

blog1204_02.png

ストーリーは、FF11の集大成だけあって、
なかなか面白かったですね。
それほどワケわからん要素もなく、オーソドックスだけど
その分安心して見てられるって感じですかね~。

ヒロインはイロハっていう女の子ですが、
最初のうちは何というか、ぶっちゃけ鬱陶しいwって感じでしたけど
自分を慕いまくってくれる彼女に、徐々に感情移入してきて、
最後の最後、お別れの時はちょっと寂しかったくらいです。
フェイスで呼び出せばいつでも会えるけどne!

ミッション中のバトルは、
アイテムレベル117~119程度の装備が揃っていれば、
後はフェイスと共闘して問題なく倒せるレベル。
後半戦は油断してるとやられますけど。

blog1204_03.png

ただ、「勾玉の輝き」というBFに登場するラスボスだけは別格で、
IL119フル装備+フェイスでも、かなりの苦戦を強いられました。
いかんせん、範囲弱体+大ダメージの範囲攻撃のコンボが凶悪すぎる。
NPCのイロハが無限にアレイズしてくれるとはいえ、
衰弱してりゃ戦えないし。衰弱中に攻撃されたら即死だし。

結局1週間かけて、30戦くらいしました。
最初は赤で挑戦しましたが、死なない程度に立ち回りに慣れてきても、
火力不足で時間内に削り切れずって事が多くて。

その後、こちらの動画を参考にさせてもらって、急遽踊り子を育成。
(「おでんもりあわせ」さんによる攻略動画)






赤でやるよりかなり楽に戦えるようになりました。
どうしても勝てない人には、踊り子マジオススメ。
それほど動作も難しくないし。

勝てた時のジョブは踊/戦
フェイスはクピピ、アプルル、コルモル、セルテウス、ヨアヒムの超ヒール体制。

盾フェイスを使っても速攻で落とされて意味がないので、
常に自分が挑発なりなんなりでタゲを引く感じで。
何度か負けてみた感覚としては、
守りに入るよりドンドン攻撃していった方がよさげでした。
いかんせん時間が無いので。30分でもギリギリです。

衰弱からの回復を考えると、一度も死なないのが理想です。
衰弱中にフェイスに削らせるって戦法も試したけど、
結局フェイスが沈めばタゲがこっちに来て殺されて強衰弱にされるので、
とにかく死なないことを第一に考える。

死んだら、衰弱時間を短くするために、イロハのアレイズで起こしてもらう。
それでも、やっぱり1回が限界でしたね。時間的に。
回復はもう、よっぽどの緊急時以外はフェイス任せ。
ヒールしてもらえなかったら運が悪かったと思ってあきらめるw

踊り子ならAフラリッシュが挑発の代わりにはなるので、
サポ忍でもいいんじゃないかって気がしますが、
挑発の方が動きやすいし、貯めたムーブは別の所に使いたいし。
蝉があまり意味をなさない(=詠唱時間使う分だけ時間の無駄)ことと、
サポ戦士ならダブルアタックの恩恵も受けられるので、
サポ忍よりもサポ戦の方が総合的にメリットが大きい気がします。

あとは、動画にもあるように、
立ち位置は、フィールドの窪みになっている場所に、ボスを引き込む感じで。
こうすることで、フェイスが範囲攻撃に巻き込まれにくくなります。
戦闘開始後、この行動を迅速に行うためにも、サポ戦の方がいいと思います。
いかに攻撃の手を止めないかと、フェイスを守るか、がキモでした。

踊り子戦法に切り替えて10戦くらいで、何とか撃破しました……(;´Д`)
フェイスの動作とこちらの動作がガッチリかみ合ってました。
次やっても多分絶対勝てないと思う……

本当に、上記の動画を作ってくれた方には感謝しかないです。
あの動画見てなかったらまず勝てませんでしたね。
復帰して1か月で引退してたと思います。
動画のプレイはかなりハイレベルな動きしてますが、
あそこまで完璧じゃなくても勝てると思います。
着替えなし、ルドラなしでも勝てました。
運は絡みますが。

正直ね、このボスが楽しかったかと問われれば、全力でノーと言えますね。
いいボスだったかと聞かれれば、迷いなくクソボスと言います。

だって、倒しても達成感全くないもの。
もう、なんか、疲れたってだけ。
あのBFの音楽二度と聞きたくないね。
滅茶苦茶いい曲なんですけどね。若干トラウマ気味。

物語の集大成のミッションで、
あんなボスを最後に持って来られた事については
正直許しがたいというかね、怒りたくなるというか……

殴ってるだけで倒せるような弱さにしろとは言わない。
歯ごたえはあっていいと思う。
でも、あいつに関しては
立ち回りとか、装備とか、そういう問題じゃないですもん。
全てを握ってるのはでしかない。
弱体ばら撒いて範囲攻撃、ダメージ吸収で時間稼ぎ、
そこに物理吸収がいかに来ないか、
フェイスの行動がいかにかみ合ってくれるか

全てが悪い方向にかみ合うと、開始1分で終了ですよ。
……運が無いと勝てないボスって楽しい?
私は楽しいとは思えなかったですね。
あれなら、とてむずBFを試行錯誤しながらクリアする方がずっと楽しいし
やりがいや達成感感じます。

ミッション自体はすごく良かったし、面白かったけど、
ここだけはすごく残念に思ったので、毒吐きました。


とりあえず、星唄ミッションコンプリートすると、
レリック武器をさらに強化できたり、新しい武器を作れたり、
新たなコンテンツに挑戦できたりと、
色々な特典がもらえるので、
もし復帰したならできるだけ早い段階でクリアは目指した方がいいかと思います。
エンディングは唄付き。
こっちもとてもとてもいい曲で、いいエンディング。
FF11の集大成にふさわしい最後。
それだけにあのボスは……いや、もう何も言うまい(-。-)y-゜゜゜


ラスボス戦は……ソロで頑張るのであれば、
フェイスが超絶強化される
フェイスの絆キャンペーン中にチャレンジすれば、
もう少し楽にクリアできるかも知れませんね。
来週から始まる、12月の育成キャンペーン中がまさにねらい目!
特に12月後半は絆キャンペーンがHQになるので、より楽になるかも!
posted by はとみそ@灰になりまくり at 22:07| FF11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月30日

【PC】ファイナルファンタジー11 こっそり復帰してました

FF11_06.jpg

8月くらいからFF11に復帰してました。

FF11は、2013年頃まで5~6年プレイしていました。
そこそこの廃人プレイヤーでしたね。
時間があれば一日中やってた感じ。
デュナミス固定も入ってたし、
欲しい装備があれば自分でシャウトして人集めもしました。

最後の拡張ディスク「アドゥリンの魔境」が導入されて
スカームやメナスがかなり流行ってた時期に、
FF14に乗り換える形で一旦引退しました。

FF11のサービス終了は見届けようと思って、
課金だけはややしばらく続けていたんですが、
なかなか終わる気配も無かったんで、課金も切ってしまってました。
何だかんだ今も続いてるのはぶっちゃけ凄いと思います(゚Д゚;)

ある程度の期間やってた割には、
FF11のコンテンツもそれほど遊びつくした感じではなくて、
ミッションもかなり放置状態だったんですよね。
お使い系クエストなんかそれ以上にやってないし。
そこのところをしゃぶり尽くしたかったのが復帰の理由。
とりあえず、最低限
2022年まではサービス続けるっていう発表もありましたしね。

まっさらな気持ちでやりなおしてみるとね
このゲームからなかなか人が離れ切らない理由がわかってきます。
グラフィックなんか、現状流行ってるゲームの数倍劣ってるけど
登場するNPCが魅力的だし。
ミッションとか、普通に面白くて先が気になるし。
セリフのテキストも、結構練られていて、
時には笑っちゃったり、逆に感動したり。
戦闘特化で遊んでいないからこそ見えてきてる再発見かも知れませんが、
FF14は正直、この域には達してない気がしてます。
この先追いつく事も無いんじゃないかな。


今はほとんどの要素がソロ(+フェイスというお助けNPC)
挑戦&クリアできるようになったので、
完全ぼっちプレイと決め込んでます。
パーティ要素必須なコンテンツはそもそもやらない方向性。
それでも、やれることは山ほどありますね。

FF11_04.jpg
月替わりで敵が変わるアンバスケードは、
適度な難易度で報酬も魅力的なお手軽コンテンツ。

とりあえず、当面の目標は全ミッション、クエストの制覇
(絶対にPTが必要なものはもちろん除く)
そして防具装備品の制覇(ナイズルとか、サルベージとか)
装備品自体は、現状使えるような性能じゃないのがほとんどですが、
昔の憧れの防具って色々ありましたからね。
ああいうのをチマチマ集めるのも楽しい(*´Д`)
今は外見固定っていうシステムがあって、
好きな防具の外見に見てくれを固定することが可能になったので
取った防具もまるっきり無駄になるわけじゃないですから。

昔育てたキャラも残ってたけど、こっちはもう冒険者引退させて、
金策専門として使っていくことにしました。
倉庫とかぐっちゃぐちゃだし、
ミッションも中途半端にやっちゃってたりするし。

どうせなら0からやり直そうと、新たにキャラも作りました。
一応、幅広いコンテンツが遊べるように赤をメインにして、
ピンポイントで使うためのシーフとか踊り子とか。
まぁ、時間があれば他のジョブも育てたいところです。

FF11_03.jpg

レリックも早速一本作った。エクスカリバー
昔のキャラクターでも作ったので、生涯2本目のエクスカリバー。
大好きなんですよね、この剣。やっぱり見た目が最高です。
頑張って石10000個集めてモヤらせてやったぜー。
ここまで育ててやっと第一線武器として使えます。
昔のメインキャラがかなりのお金を持っていたので、
作るのは比較的容易でした。
しかし、昔は1枚120万はしてたモニヨン銀貨も、
今は30万、ここ数日は業者みたいのがさらに相場を下げてて
20万前後っていう……(;´Д`)
レリックは相当作成のハードル下がりましたね。

次作るとしたら、ミシックウェポンのティソーナかなー
まずは青魔を育てることから始めないとだけど、
アサルトとか、花鳥風月のモン集めはチョコチョコ進めてます。
こういうコツコツ系も取り入れていきたいですね。
エンピリアンウェポンは、今のところそれほど魅力ないかな……
アイテムレベル付けるために必要なヘヴィメタル集めが鬼畜過ぎるし。

ちなみに昔使ってたキャラは、
ギャッラルホルン、イージス、ダウルダヴラ、オハン、神無持ってました。
作ったことも全然覚えてなかったけど、
昔の自分かなり廃人だったなって、我ながら驚いた。
もちろん、レリックに関してはデュナミス緩和後に作ったものですけど、
それでも前述のように、
旧貨幣の価値は今の5~6倍はあったはずなので、
そこを金策してやりくりしてたんだったら、
やっぱり廃人でしたね、自分……(;´Д`)
そういや、スカームで出るオーグメント用の石+2を
売りまくって金稼いでたっけな。
そのために毎日スカームのシャウトしてたんだよー、確か……懐かしい。

ff11_02.jpg
お気に入りフェイスの皆様とパチリ。

復帰後の世界は、もう本当に昔とは様変わりしてますね。
レベル上げも超楽で、レベル1からカンストレベル99まで、
1週間もあれば楽々じゃないですかね。
で、99になってしまえば、アイテムレベル119装備なんて
複数の手段で簡単に手に入ってしまうし。
もちろん、簡単に手に入る装備はそこそこの性能でしかないけど、
とりあえずやれる事の幅を広げるまでには、
それほどの時間も手間もかかりません。

お金稼ぐのも結構楽。
てのも、バトルかコンテンツで簡単に貯められる
ユニオンポイントと、エミネンスっていう二つのポイントを
店で売れるアイテムと交換して売り飛ばすだけで、
最大週に200万くらいはポンと稼げてしまう。
競売で売れるものは現状限られている中で、
相場も何も気にすることなく200万です。
これはデカい。

現在のFF11の世界では、金策は基本店売り
あるいはオーグメント用アイテムの競売売り。
合成スキル持っていれば、合成品の店売りとか。
これが柱になってるみたいです。
中間素材とかはあんまり売れません。
高額なものがあっても、足が遅いものばかりです。

それでも、合成スキルはいくらか上げようと思ってます。
目的はコレのため。

FF11_05.jpg
ヤグードヘッドギア

これは昔のメインキャラの所持品で、
当時職人さんに作ってもらった大事な品ですが、
同アカのキャラに配送はできないので、
自分でも作れるように、関連するスキルは上げようと思います。
あ、自分ヤグード教信者なんで(;´Д`)
ヅェー・シシュ様に心酔してるから、昔から。
FF14にもFF11に登場した獣人が結構出演してるけど、
ヤグがいなかったのが残念過ぎて。
あのデザイン、結構完成されてて好きなんだけどなぁ。

……というわけで、
これからもマイペースにヴァナ生活を満喫したいと思います。
オフゲやる時間は、今所のあんまりなさそうだなー。
ディアブロ3もシーズン途中で離脱になったけど、
このままフェードアウトという事になりそうです。
マフィアトリロジーとか、龍が如く7とか、キングダムズオブアマラーとか、
やりたいゲームがまた積みあがっていくぜ……!
ESOもやりたいんだけどいかんせん時間が……(;´Д`)
posted by はとみそ@灰になりまくり at 00:42| FF11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする